unblogged

mezzo forte の「のほほん」な日記

Archive for the 'camera' Category

UPSのバッテリー交換とか

APC BK500jp会社でいろいろ疲れることがあって2カ月も更新を放置してしまった。とりあえずリハビリがてら備忘録。

最近になって家の WiFi がインターネットにつながらず、光回線終端装置の電源を入れ直さないと復帰しなくなった。もしかしてこないだ部屋に忍び込んだ猫がおしっこでもかけたのかなと疑ったが、ふと思いUPSから直に電源につなぎ直したらそうしたことが少なくなった。ずいぶん前にアキバの中古店で購入した非常用電源 APC BK500。どうもこいつが怪しい。

中古で購入時に互換品のバッテリーに交換したのだが、横のラベルを見たら2006年。もう10年以上経過しているじゃないか。どう考えてもバッテリーのせいなので、交換することに。それに最近になって家族がエアコンとドライヤーでブレーカーを落としてばかりだから、いざというときに働かないのも困るし(過去これのおかげで、落雷や一斉停電、ブレーカー落ちで何度も助かった)。
2006年の4月かよ 裏ブタのネジ2本外すだけ バッテリーの底がこんにちは
交換自体は裏ブタ外して取り出して、+/-間違えないように挿すだけ。難しいことは何もない。というか、赤と黒で色分けしてある上、逆につなげようにもコードも届かないから間違えようがない。
たぶん秋月電子で買った台湾製 GSユアサ シンプル・イズ・ベスト たぶん筐体がマイナスアースなのかプラス側に保護カバー
交換用のバッテリーはベトナム製の一番安い LONG(ロングではなくクンロン「廣隆」)のシールドバッテリー WP1236W。純正は 12V 7.2Ah なのだが、数百円しか変わらないので 9Ah にグレードアップ。念のため、交換前に数時間補充電。+端子の保護カバーは新しい両面テープで貼り直した。
一家に1個あると何かと役立つ強力両面テープ LONG WP1236W 自動車用の充電器
交換して電源が正常に入ったのを確認し、終端装置とホームルーターを接続。コンセントを引っこ抜いて「ピッ」という警告音が断続的に鳴っても、電源が落ちなかったから大丈夫だろう。今、この記事を書いているPCもつなげ、これで当分は一安心。とはいっても本体が15年以上経ってるから、そっちが故障するかもしれないけれど。
ラベルの替えがない 一応電圧は出ているけれど・・・ 膨らんで充電しなくなったBLS-5互換バッテリー
古いバッテリーの電圧を測ってみたら一応 12.9V ほど出ているが、恐らくヘタっているのだろう。というか建て替えの時に仮住まいに住んでいた半年間、使っていなかったのが悪かったのかも。こないだ2年前に買ったデジカメのバッテリーも1個ダメになったのだが、放電状態で2日ほど充電しなかったせいだと思うし。ペケジェも昨年しばらく乗らない間にバッテリー上がり起こしてしまったし。

うーむ、ブログ同様、放置はイカン・・・

posted by mezzo forte in camera,computer and have No comments

JVC ADIXXION GC-XA2 互換バッテリー

左:純正 中:今回購入 右:互換バッテリーガッチリした筐体に一目ぼれして購入したJVCケンウッドのスポーツカム ADIXXION。たまのバイクツーリングでハンドルにつけて撮影を楽しんでいるが、これの欠点はバッテリーの持ち。フルHD 1,080px / 60fps の最高画質だと30~40分程度しか連続撮影できない。

スマホのアプリで遠隔操作なんてやると、バッテリーがガンガン減って使い物にならない。というか遠隔でズームだけできてもデジタルズームなので画質が荒れて意味ないし、Wi-Fi 設定が面倒なので使わないけれど。

それにしばらく使っていないとバッテリーが勝手に放電している事が多い。充電も本体にUSB(マイクロBじゃなくてミニB)を挿さないとできないし、その充電アダプタ(5.2V / 1.0A)も別売。ツーリングに行くには予備バッテリーを何個も持ち歩かないとならない。本体がコンパクトなのに、予備バッテリーと充電器の分、持ち運びでかさばってしまう。

とはいえバッテリーが弱いのとボタンの操作性が悪い以外は、フルHDの画質やクリアな音声、画の確認と再生もできる液晶モニター、そして何より堅牢な見た目が気に入っている。演奏の確認など、長い時間撮らないのであればポッケに入れて持ち運べるのも魅力。

パンパン2年前にカメラと同時に充電器付きの互換バッテリー(NucleusPower ブランド)を購入し、番号を振ってローテーションで使っていたのだが、最近になって純正バッテリーの方が膨らんできた。まだギリギリ抜き差しに問題はないが、そのうち抜き出せなくなってしまうだろう。

純正品の代わりに2年経って問題なく使えている NucleusPower ブランドの互換品を買い足そうと思ったら、同型は充電器がセットになって単体販売していなかった。安いからそれでもいいのだが、充電器は2個もいらない。

他の互換バッテリーはないかと探してみたところ「SLB-10A」という形式のバッテリーとどうやら互換性があることに気づいた。どうやらサムスンの EX2F というデジカメ用のバッテリーらしい。

アメリカより1週間かけて到着 充電オッケー サイズピッタリ

Amazonで「SLB-10A」を検索したらマーケットプレイスでカナダの業者の出品しているもの(UpStart ブランド)が安かった(2個セット980円+送料500円)のでこちらを発注。そして1週間以上経って忘れた頃、ようやくアメリカから郵送で到着した。

予想通りサイズはドンピシャ。その上、960mAh から 1050mAh にも容量アップ(正しいかは怪しいが)。ちゃんと社外品の充電器も使えるし、今のところ問題なく使えている。最近通販で失敗続きだったけれど、今回は当たりだなと思い、ブログを書くのに Amazon を再確認したら、先述の NucleusPower ブランドがいつの間にか単体販売(1,598円)していた・・・まあこっちの方が安かったし・・・失敗じゃないけれど・・・

posted by mezzo forte in camera and have No comments

スクラップ&ビルド

P8133329タイトルは芥川賞受賞作品のパクリ。いや、最近の純文学とか興味ないので読まないのだけれど。

月頭に解体を始めると言われていたのだが、週末毎に訪れても何も変わらず正直ヤキモキしていた。ようやく昨日から予定より半月ほど遅れて古い家の解体が始まったようだ。

今日、様子を見に行ったらどうやら盆休みに入ってしまったようで、半壊したまま放置されていた。未だ解体業者への挨拶も差し入れもできていない。仕方なく中途半端な状態をカメラで50枚程撮影。
P7313212 P7313203 P7313218
先日、解体される前にと思って荷物を出してがらんとなった家の外や中を撮影しておいた。窓から差し込む光だけで、暗く湿っぽく空気が淀んだ家は、かつて住んでいた頃と印象がまるで変わっていた。寂しくなるとかより、汚いとかボロいとか気持ち悪さが先に立って、さっさとその場から出たくなる。主を失った家の悲鳴が聞こえてきそうで嫌な気分になる。
P7313227 P7313230 P7313217
古くなった家具や父が放置していた資材や道具、私のガラクタも解体と同時に処分してもらおうと置いたまま。見慣れているはずなのに、住んでいた人間の思念が乗り移って意思を持っているかのように見える。いや、私らが住んでいたんだが。
P8133304 P8133274 P8133319
竜巻が通り過ぎたように無残な姿となった我が家。木材が悲鳴を上げているようだ。大工だった父は古材をリサイクルして木を大切にしてきたから、その思想をちょっと受け継いでしまった私は見るのが心苦しい。だが立ち止まって何かをするには時間もお金も足りない。残念ながら今の時代、スクラップが一番お金も時間も手間もかからないのだから。

一時期一人暮らしで離れていた頃もあったが、人生の大半はここで寝て、ご飯を食べて、絵を描いて、インターネットして、う●こした。家族の暮らしが染み付いた家。だが寂しさよりも「やっとか」と安堵してしまう。薄情かもしれないが、正直さっさと跡形もなくなくなって欲しい。わずかに残った未練を断ち切るために。
P8133292 P8133282 P8133291
仮住まいに帰宅し、父にこの写真を見せた。数枚横目で確認したあと、そっぽを向いて手を横に降って続きを見るのを拒んだ。わかるよ。見たくないよね。

とっくに覚悟は決まっていたけれど、もう後戻りは出来ないんだなぁと実感。でも新居が建つ楽しみな気持ちはまだ湧いてこない。

posted by mezzo forte in camera,diary,rebuilding and have No comments

FUJIAN 25mm F1.4 CCTV を買ったゾ

目に映り込む私こないだから気になって仕方なかったレンズがあったのだが、使いもしないものに金をかけてもと思ってガマンしていた。でもどうにも気になって仕方ないし、値段も安いので思い切って買ってしまった。中国製 FUJIAN 25mm F1.4 CCTVレンズ。

FUJIAN は福建省の「福建」と書いて「フーチエン」と読むらしく、中国では結構大きいレンズメーカーらしい。まあ中国製なので品質は期待できるものではない。しかしF1.4という明るさと、マクロコンバータつきというのは魅力的。
簡素な梱包 別売のCマウントアダプタ 絞り羽根は12枚と精巧
このレンズはCマウントという16mmシネカメラの規格で、クルクル回してネジ込むタイプ。そのためマイクロフォーサーズの PEN E-PL3 に取り付けるには別途アダプタが必要だ。買ったのはアルミ梨目加工のもの。当たり前だがマイクロフォーサーズのボディにカチッとハマって心地よい。

レンズ本体の精度は割といいのだけれど、オマケのマクロコンバータ(いわゆる延長ネジ)の方はアルミ削り出しの仕上げが荒い。バリがあって若干ネジが噛じり気味だったので、目の細かいペーパーで面取りしたら多少マシになった。でもアルミの切り粉が出て、カメラ内部に飛ぶと悲惨なので、ブロワーでしっかり吹いて飛ばしてから取り付けた。さすが中国製、カンタンには取り付けさせてくれない。

あとネジをキッチリ締め込まないと PEN がレンズを認識しないのか、真っ暗な表示に。だが締め込むと今度は固くてなかなか外せない。アダプタに残ったマクロコンバータをペンチで無理くり外したらまた切り粉が出てきた・・・むむう、着脱しないでCマウントにつけたまま使う感じになりそうだ。
マクロコンバータの切り粉が怖い 精悍な感じ ライカっぽい?
レンズそのものは悪くなく、リングもスムーズに回るし金属胴で精悍な感じ。とはいえ中国製なのでレンズ内部に油ハネがあった。クリーニングのためバラしてみたらレンズは3玉で、絞り羽根は12枚と贅沢。メンテさえすれば意外にイケるんちゃう?

だが絞るとフレーム4隅にどんどん黒い影が現れ、しまいにゃ昔のアニメのエンデイングよろしく黒い背景の丸窓状態に。ずっと絞り開放じゃないと使えないし、絞れたとしても明るいレンズである意味がなくなってしまう。期待に違わず使い道がかなり絞られるレンズだ。

あとリングに数字が刻印されてはいるが、肝心の目盛りがない。接写するときは被写体に近づいたり離れたりしてピントを合わせた方が早いので、リングを回して調整することはほとんど無さそうだ。
F1.4 1/100秒 ISO-800 F1.4 1/80秒 ISO-1600 F1.4 マクロコンバータ使用 1/50秒 ISO-1600
しかし明るいレンズなので暗い室内でもしっかり撮れる。PEN 本体のダイヤルは iAUTO のままにしておけば、シャッタースピードは自動で調整してくれて手間なし。上2枚はマクロコンバータなしのもの。以下マクロコンバータ使用ですべてノートリ/色調整なしで縮小のみ。色味が暖かい感じなので、食品のマクロ撮影にいいかもしれない。

ちなみにマクロコンバータ使用でフォーカスを一番近いところにすると、猫の鼻先15センチ以下。寝ていないと逃げるのでなかなか難しい。家の飼い猫でもそうなのだから、野良猫を撮るのは無理だろう。
F1.4 マクロコンバータ使用 1/80秒 ISO-1600 F1.4 マクロコンバータ使用 1/80秒 ISO-1600 F1.4 マクロコンバータ使用 1/100秒 ISO-1250
欠点ばかりのレンズではあるがこの描写力。とても5K円弱のレンズで撮ったとは思えない。ピントの合ったところはシャープに。周辺は光量が落ちてグルングルンとボケまくる。まるで芸術写真のように味があって面白い。オールドレンズの雰囲気を手軽に楽しめるし、いい買い物だったと思う。

しかしこれに味をしめてオールドレンズを買い漁ってしまいそうで怖い。何しろマイクロフォーサーズって、フランジバックが短いので、古いレンズとの相性が抜群らしいのだ。レンズ沼に片足突っ込んでしまった気がしてヤバイ。今、大きめのカメラバッグがほしいのだが、買ったら絶対それを満杯にしてしまいそうだ。

なので今、ヤフオクを覗かないように努力している・・・

posted by mezzo forte in camera and have 2 comments