unblogged

mezzo forte の「のほほん」な日記

Archive for the 'diary' Category

戻ってくる眼鏡

今日も戻ってきた>落とした眼鏡。

今回は東京駅で落とした。昨日社員旅行の出発時に胸ポケットに裸で入れていたら案の定どこかで落とし、今日JRの遺失物センターに問い合わせたら東京駅で預かっているという。取りに行ったら傷もなく、無事手元に戻った。

この眼鏡、落としたのは実は3度目。駅で落としてそばのJKに拾ってもらったり、一昨年の社員旅行でホテルに忘れてきたり、あれ? 他にも落とした気がするから4度目かも。でも手元に戻ってくる。

昨年は財布を新調したばかりでバイクでソロツーリング中に落とし、目的地に行けずに帰ってきた。その後結局財布は戻らず仕舞。お金は5千円しか入っていなかったし、財布も楽天で買った安物だが、 クレカやら免許証やら再発行が大変だった。

この眼鏡は数年前にJINSで作ったやつだが、遠近両用やら乱視やらブルーライトカットなどレンズオプションを入れているので2万円以上している。フレームもクラシックで気に入っているが、最近老眼が進んで度が弱いと感じるようになったから、もう作り替えかな? と思ってダメ元で探すと必ず出てくる。

しかし拾って届けてくれる人がいるのはありがたい。拾う神がいるこの世の中、まだまだ捨てたもんじゃない。

posted by mezzo forte in diary and have No comments

BugsGear弦交換

最近はバッハの無伴奏に再チャレンジ中。発表会は引退したのでのんびりじっくり練習中。

しかし 練習用に毎日弾いているBugsGear号が何だかシャーシャー嫌な音がする。特にE線がひどい。重音を弾くと何か違うものが共鳴して耳障りだ。元々ザイエックスはシャーシャー金属音がするが、これはひどい。

よく考えたら弦の交換をだいぶしていない。定番のトニカに交換したら、音程も取りやすく、共鳴音も消えた。というか前回いつ交換したんだっけと思ったら、3年近く前だった。サボりすぎだろ。

このブログは私の備忘録でもあるので、弦を交換したついでにこちらの更新も久々に。というか久々すぎて編集画面まで変わっているじゃないか。仕事で WordPress はガンガン使っているのだが、会社では Classic Editor を導入しているので、Gutenberg は初めていじる。元々テキストモードで HTML を直接書いちゃう人なのだが、テキストモードが使いにくくて今回は致し方なくビジュアルモードで入力。

新しいものを拒絶するのは老化の始まりだから否定したくはないのだが、でも何とも言えないコレジャナイ感・・・ううむ、また更新が滞りそうだ。

posted by mezzo forte in diary and have No comments

アクセルの踏み加減

8カ月以上更新をサボっていたが、その間なにもしていなかったわけでなく、むしろフルスロットル気味だった。記録する間もなく動いていたと言ってもいい。

仕事はそれなりに絶好調(たまに酷い風邪で寝込んだが)。月食があると聞けば寒空の下、三脚立てて30分以上撮影していたし(新しい望遠レンズ買った)。ヴァイオリンも今年の発表会の曲が決まって、珍しく毎日練習しているし(たかだか30分だが)。先生の勧めでソルフェージュ始めるし。バイクもなんだかんだ去年はあちこち行ったし(ジェントルマンズライドも参加していた)。

どうも過去の記事を読み返すと、むしろ人生が充実していないときに更新が盛んになっていたかもしれない。数年前は家でPCいじりまくる時間が有り余っていたし。だいたい Facebook やらインスタやらでリア充アピールしている人間ほど、実際はそんな充実してなくて見栄張って生きているようだし(超偏見)。

でもまあ、でもなんですよ。それは言い訳で仕事やらに力を注ぎすぎてしまって、自分がやりたい創作活動がなんもできていない。週末は洗濯機回して倒れている。社畜までは行かないが、ちょっと仕事でアクセル踏みすぎて、帰宅したら燃料切れ起こしている。これはイカン。

私が会社でやっていることは誰も理解できていないから、少々手を抜いたところで気づかれないはず。なのに、どうも根が真面目過ぎて全力を注ぎこんでしまう。

うん、手を抜こう。アクセル緩めよう。もうちょっと全体のスピード落とそう。

・・・と、思っちゃいるんだけどね。

無理だわ。

posted by mezzo forte in diary and have No comments

イタリア?からの荷物

大きさの割に軽い最近通販で失敗が多い気がするが、懲りずにというか、もっと冒険した。中国最大手のe-コマース アリババ の個人向けオンラインショップ、AliExpress である物を買ってしまった。

アリババは魅力的な商品が揃い、市価よりヘタすると半額以下で買えるのが売り。とはいえ偽ブランド品を公然と売っていると世界中で批判されていることもあり、当たり外れが大きい。というかむしろ当たりはほとんどないと思われるほど怪しい。日本語サイトもあるが怪しさ満点の自動翻訳なので、日本人のほとんどは利用しようとも思わないだろう。

しかし日本では売られていないある商品に一目ぼれしてしまい、どうにもこうにもそれが欲しくなってしまった。その商品ページをブックマークし、2カ月ぐらいずっと悩んでいたのだが、すまい給付金が入ったのと、円高になったタイミングで思わずポチッてしまった。けして安くはないのに・・・

中国 e-EMSクレカ決済もすんなり通り、先方のショップの対応も早く、英文だが丁寧なメールももらって一安心。注文の翌日には発送された。なんだ、全然普通じゃないか。この分なら数日で届くかな。楽しみだなぁ♪

・・・などと、思っていたのだが、荷物の追跡番号をもらって 中国e-EMS で毎日チェックしていたら、なぜか北京の中継基地を出発してから1週間以上経っても日本に届かない。船便ではないし、もし船だとしても日本海渡るだけだし。税関で引っかかっている様子でもないのにどうしたことか。さすが中国クオリティ。安心できない。

日本郵便結局発送から2週間以上経っても届く様子がない。さすがに焦り始め、ショップに連絡する前にダメ元で日本郵便のEMS追跡サービスをもう一度確認してみた。

「は? ITALY??」

なぜだかイタリア・ミラノのマルペンサ空港発の荷物が国際郵便局に到着していることに。なぜイタリア? 追跡番号を間違えたかと思って何度も確認したが、やはりイタリアからの荷物になっている。というか追跡番号末尾のアルファベットはCHだから、間違いなく中国発のはずなんだが・・・

などとスマホをにらんで悩んでいたら突然ブルブル。郵便局から電話が。

局員さん「○○さんですか」
mezzo  「はい、そうです」
局員さん「中国からのお荷物をお預かりしているんですが、番地が書いていないものですから・・・」

(´・ω・`)。o○(いや、俺ちゃんと番地入力したハズだけど・・・)

まるぺんさ?結局その日のうちに荷物は無事届いた。深夜国内に届いてその日のうちに配達。なにこの安心感。日本郵便、以前より仕事早くなったなぁ。

荷札を見ると、やはり MALPENSA の文字が。ヨーロッパを遠回りすれば、そりゃ2週間かかるわなぁ・・・ていうかなぜ、わざわざイタリアを経由して届くのか? 日本と中国って鎖国状態だっけ?

とりあえず謎解きはディナーのあとにすることにして、開梱。ていうか中国からの荷物って、なんでいつも透明テープで大量にベタベタしているんだろう(税関検査?)。中身がアレなんで、カッターで開けられないから大変。

もったいぶってもわかるというわけで mezzo がそんな危険を冒してまで(おおげさ)購入した商品とは一体何なのか? 中身については次号を待て

posted by mezzo forte in diary,strings and have No comments