unblogged

mezzo forte の「のほほん」な日記

Archive for 2009年12月

PM-4000PXのインク詰め替え

 プリンタ本体価格のデフレが激しくて、大手のメーカーは純正インクの販売で儲けているという話はだいぶ前からそこかしこで話題になっている。たしかに純正は高いのだが、前回の記事の通りめったに稼動しないのでインクの減りはかなり遅い。しかしヘッドが詰まらないようたまにヘッドクリーニングしてるので、その分は確実にインクを捨てている。プリントするよりもヘッドクリーニングでインクを消費してる気がしないでもない。それでもプロ仕様に遜色ない、A3を高画質で出力できるプリンタを持ってると安心感があるので維持したい。一度ヘッド詰まらせて修理代に1万近くかけてるし。

 以前キャノンの古いプリンタのインク詰め替えの記事を書いたが、PM-4000PXは顔料インクのため詰め替えインクがなかった。いや、あるにはあったのだがそれらは染料インクで代用していたため、色の再現度やヘッドのトラブルが怖かったので手を出せなかった。最近インクの残量警告が出始めたので7千円かけて純正品を買わないとなぁと思っていたのだが、もしやと思い再度検索をかけたら顔料インクがサードパーティから発売されていた。発売元はカメラのレンズフィルターなどで有名なケンコーで、製造元は(株)クローズアップという会社。サイトを見ると良いことづくめの事が書いてある。純正の値段以下で2~3回分のインクが買えるし、通販サイトでキャンペーンをしていてリセッターもついていたので、今回試しに買ってみた。

 結論から言うと良いことづくめではなかった。説明書の通りにやってみたつもりだが、どうにもインクの充填がうまくいかない。自然にシリンダが落ちると書いてあるが、まるで動いている様子がないので加減しながら押してみて見事にインクをこぼした。それに充填のために開けた穴が大きすぎて、付属のキャップがスカスカではまらなくなってしまい、仕方なく写真のようにホットボンドでフタをしてみた。だがやはり純正カートリッジではダメなのだろう。7本分充填したが、フタが不十分だったためにプリンタ内でカートリッジがおねしょして大変なことになり、禁断のヘッド分解をしてしまった。怖い怖い。まあちゃんと元に戻せたからいいけど。結局これらの作業でティッシュが山のように廃棄された。

 でもこれらの詰め替えセットが不良品というわけでなく、純正カートリッジは詰め替えを想定していないのだから仕方ないのだろう。前述のリセッターなるものでカートリッジについている基盤をリセットしないとインク残量もエラーになるという代物だし。エプソンの罠だから一筋縄ではいかないようだ。

 肝心の出力を比較してみたが、画質は遜色ないように思える。というか違いがわからない。それで値段が3分の1になるなら万々歳。前述の会社でもっと簡単に詰め替えて再使用できる、オリジナルのカートリッジも売っているので、次回はそれを利用することにしよう。でもこの使用頻度では交換が何年後になることやら…

posted by mezzo forte in computer,diary and have No comments

年賀状

 ようやく完成。今回は Photoshop+Illustrator を使った。あれ、前回もだっけ?

 A3ノビまで刷れる顔料インキ使用のハイスペックなプリンタ、PM-4000PX で印刷中。ていうか年賀状にしか使ってないんじゃないか、これ? すげー無駄。

 さあて、夜勤中に住所書かないと…多分、元旦には着きません>私に住所がバレている諸兄

posted by mezzo forte in computer,diary and have No comments

間に合わない

昨日の15時過ぎに取り掛かり、下書き込み7時間でやっとここまで。

絵を描く行為って絵に魂を込めてるんじゃなく、絵から魂を吸われる事のような気がする。

模様描くのに疲れた…ダメだ、寝よう…

posted by mezzo forte in diary,graphics and have 2 comments

オガ炭

 着いたー着いたよー>オガ炭

 オガ炭ってのは名の通りオガ屑を固めて焼いた成型炭。密度が備長炭並で硬さも重さもある。その分、エネルギーが大きいから3~4時間は軽く火が保てる。しかし火着きの悪さも備長炭並で、他の柔らかい炭から着火してその熱で点火するか、ガストーチバーナーで5分以上炙って、十分赤くなるまでウチワであおがないとすぐ火が消えてしまう。

 真っ赤になったとしても並べ方が悪いとこれまた自然に消える。炭は相当の熱がないとまったく燃えないから、1本だけ置いてもすぐ消えてしまう。3本以上立てかけてお互いの熱で保温されるようにしないとならない。この辺は慣れないと非常に扱いにくい。

 コツはちくわのように開いている穴を煙突のようになるべく上に向けて立てること。こうすると熱せられた空気が穴を通過して上昇するから、熱と空気が循環して燃焼が促進される。他の炭でも一緒で適度なスキマを置きながらなるべく狭く上に高く積み上げた方がいい感じに燃える。

 そんな炭の燃焼(酸化反応)を化学反応式にしてみると

 C + O2 → CO2

と非常に単純。燃焼すると H2O も出るプロパンガス C3H8 などのような化石燃料の反応式より理屈は簡単だが、炭ってのは実際燃やそうとするとそこそこ大変なのである。

 しかし固体の半金属が気体に変わるんだからエントロピーの増大で確かに地球に悪そうだ。でも植物ってやつは偉いことにその気体を吸って自分に取り込むわけで。元を辿れば石油だって植物の化石だものね。

 木を植えよう、木。せめて草でも植物プランクトンでも。

posted by mezzo forte in diary and have No comments