unblogged

mezzo forte の「のほほん」な日記

Archive for 2010年1月

どこまで使うの

 妹のお下がりのデジカメ、フジフィルム FinePix 40i の電池ボックスの止め具がまた欠けたので本格再生。いつものごとくプラリペアで固めてカッターとヤスリで成型。なかなかキレイに仕上がった。

 レンズにキズがあるのかフラッシュを焚くと写真にゴミのような黒点が何箇所も一緒に写ってしまうし、ズーム機能もないし、だいたい保存がスマートメディアの64MBだし。いい加減買い換えろって話だが、でもまだまだ壊れるまで使う(もう壊れてるやん)。

posted by mezzo forte in diary and have No comments

さらにスッキリス

 お気に入りの壁掛け時計が遅れるようになってしまった。以前はその症状が出たら電池を抜いて2、3日放電し、新しい電池を入れると直ったのだが、今回はいよいよダメみたい。秒針は動いているのに他の針が9時45分になると止まってしまう。もしやと思い、さっきバラして針を上から押してみた。そしたら裏ブタが開いて歯車が2個飛んだ。多分組み付けてあったところであろう所に歯車を組み直してみたら、どうやら直ってしまったみたい。今のところ正確に時を刻んでいる。

 この時計は十数年前に軽井沢のアメリカンな土産物屋で衝動買いした安物。裏ブタのムーブメントの刻印のメーカー名が中国っぽく「Made in」の後が何か熱を加えて溶かして消した痕があったりする怪しい時計だが、デザインが気に入ってるし結構正確なので直ってうれしい。

posted by mezzo forte in diary and have No comments

スッキリス

 今日は色々と動けた。夜勤上がりに唐揚げが食べたくなったので、遠回りしてほっともっとへテクテク。たまに食べたくなるなる、ほっともっと。付け合せの味のないスパゲッティとか、大根の葉っぱの漬物とか合わせて全部好き。

 一眠りしたらバイオリンをキコキコ弾いて、今度はこないだ買っておいたバイクのオイルとフィルターエレメントの交換。SRXの場合はオイルタンクとクランクケースの2つのドレンから抜くので、サービスマニュアルで予習。まずはタンクの方から抜くと、勢いよく横から黒いのがビューッと出た出た。次にクランクケースのドレンも開けようと覗いてみたら、やたら奥にドレンボルトがあってコンビネーションレンチが入らない…以前はソケットレンチ一式を持っていたのだが、庭先に置いていたら盗まれてしまったので緩められない…バイクのオイルは半分抜いてしまった…

 仕方なくオイルを少しだけ継ぎ足してSRXでホームセンターへ。高いのもいろいろあったが一番安いやつをチョイス。ついでにドライバービットとLED作業用ライトも買って帰宅したらもう真っ暗。一度あきらめたがやっぱりやるかとハロゲン灯とLEDライトの明かりで作業。今回オイルはBPのVistra Super4 10W-40 をチョイス。中大排気量の単気筒はクリアランスが大きめなので固めのオイルがいいらしい。夏場は20W-50とかあんまり聞いた事のないオイルがベストとか。SRXはドライサンプ式なのでオイルポンプ内までオイルを抜いてしまうとエンジンが焼きついて大変なことになるらしい。途中ドレンボルトが行方不明になって焦ったが、キリのいいところでドレンを閉め、フィルターエレメントも交換。新しいオイルを目分量でドボドボ入れてOK。念のためエンジンかけてフィルターエレメントケース上のブリーザボルト緩めてオイルポンプに循環していることを確認してどうにか作業終了。

 次にアフリカへの手紙を清書。昨晩、職場に持ち込んだEeePCで下書きは終えていたので、あとはWordのテンプレにテキスト入れてレイアウトし、サインを入れるだけ。今回は高尾山で買った紅葉模様のハンカチを添えた。封をしたら郵便局の深夜窓口までバイクの試運転。心なしかエンジン音が静かになって振動も減った気がするが、前のオーナーが多分オイル交換してからそんなに走っていないみたいで体感的には変わらなかった。帰りにコージーコーナーへ寄ってケーキを買って、夕飯後にエスプレッソと一緒にもふもふ。贅沢だ。

 体調不良で滞っていたものがこれでだいぶスッキリス。さて、またコーヒー淹れてちょっくら動きますか…

posted by mezzo forte in diary,motorcycle and have No comments

白だの黒だの

 今晩というか昨夜の晩飯。先日妹が富山から帰ってきたときに「ラーメン食った?」と言われたが、何の事だかわからなかった。どうやら昨夜まで母がどこかに隠していたらしい。だから賞味期限がいつも切れるのだよ、母。

 以前、富山に行った時に食べた富山ブラック。黒のスープを丼にいれて湯で薄めるのだが、いつもこういうのは計らないで適当。真っ黒でどのくらいまで薄めていいかわからない。白いご飯と一緒に食うのが正しい食い方らしいので、これでちょうど良かった模様。母の作った焼豚と先日の残りの賞味期限切れのワンタンも入れて、大変おいしゅうございました。

 母帰宅後に白の方を作ってみたが、白くはなくて薄茶色。白エビ味らしいが塩辛さの方が強くて黒よりは旨くなかった。でもちょうど太麺のラーメン食いたかったので満足満足。ちょっとは元気出てきたかも。

posted by mezzo forte in diary,foods and have 2 comments