unblogged

mezzo forte の「のほほん」な日記

Archive for 2012年10月

フランドル絵画的な

会社で仕事に追われ、トイレに駆け込んだひととき。窓から外を覗くと空が燃えていた。大火事の煙かと見間違うような夕焼けの積乱雲。ジョットとかボッティチェッリとかこんな色遣いだったよなーとか思いつつ、しばし仕事をサボる。

いやちょっと待て。秋の夕焼け空といったら鰯雲が定番じゃないのか。PCに一日中かじりついてるせいで目がおかしくなったのかと思った。

posted by mezzo forte in diary and have No comments

Maia Bang Part 1 終了

最近ブログだけでなくヴァイオリン練習もサボり気味なのだが、先日のレッスンでマイア・バングの教本1冊がやっと終わった。習い始めてほぼ2年半かかった。

終わったといっても先生にオマケしてもらいながら次へ次へと進んでいったので、ちゃんと課題が弾けていないのがほとんど。それにこの教本は一人で弾くには楽しくない曲が多く、次のレッスンまでに家でマトモに開いて練習しなかったことも多々あった。なので終了と言っても後ろめたい思いがあったりする。

とはいえ2年半前よりは格段にテクニックはついているので、それなりに一応頑張ってこなしてきたんだなぁ、と感慨深い。いつかはちゃんとやり直したいという気持ちもあるけれど、多分この本はもう二度と開かないだろう。とはいえヨレヨレになったこの本を捨てたりはしないけれど。

1冊終わったからといっても、未だ片手で数えられる程のペーシ数しか進んでいない本が2冊。そこへ新たにマイア・バングのPart2とPart3が同時に加わった。だから後ろを振り返っているほど余裕がない。ヴァイオリンは終わりの見えない技術の積み重ね。いくら課題をこなそうが次から次へと難題が課せられて、自分が巧くなったとは思えないようにできている。

人前で演奏するのに躊躇なくできるようになるのは一体何冊教本をヨレヨレにしなければいけないのだろうか。多分自分の演奏に納得いかないまま、フライング気味に無理やり下手な演奏を人に聴かせるしかないのだろう。

葛飾北斎は90になって「あと5年生きてれば本物の画家になれたのに」と言ったらしい。誰だかヴァイオリニストの巨匠も「弓のテクニックを完璧にマスターした頃には老人になっている」みたいなことを言ったらしい。絵もヴァイオリンもそういう意味では一生モノとして向き合わないとならないものなのかもしれない。

実に厄介なものを趣味にしてしまったものだ。

posted by mezzo forte in books,strings and have No comments

ねこげんき

なんか書きたいことややりたいこと、やったことは色々あるのだけれど、文に書いてまとめている余裕がない。なので撮りためた子猫写真放出。
  
  
  

posted by mezzo forte in cats and have No comments