unblogged

mezzo forte の「のほほん」な日記

Archive for 2016年9月

The 2016 Distinguished Gentleman’s Ride 参加レポ

トライアンフジャパンの方のスラクストンにはヒゲステッカーが先日9/25、千葉・幕張で行われた、ジェントルマンズ・ライド(The Distinguished Gentleman’s Ride)に参加してきた。 Read more…

posted by mezzo forte in motorcycle and have No comments

バッテリー上がり

Yoshimura Digital Multi Meter普段、近所への買い物かヴァイオリンのレッスンの時にぐらいしか乗っていない XJR1300 だが、最近雨続きのため、ここ数週間乗れていなかった。すると見事にバッテリー上がりを起こしていた。

ペケジェーはどうやら電装が弱いのか、出先でもバッテリー上がりを起こして慌てたことが2度3度ある。充電器で小一時間補充電してみたが、中古で買った時からつけられていたヨシムラのデジタルマルチテンプメーターの挙動までおかしくなっている。右上の方に電池の形の【B】マークが点滅して止まらない。とうとうバッテリーが逝ったか?

ダメ元でさらに一晩充電してみたらバッテリーは問題なく回復。だが点滅は止まらない。ググッたら、ヨシムラの取扱説明書(PDF)がヒットした。読み進めたら

データバックアップと温度計測用の内蔵リチウム電源(CR2032)の電池寿命が近づくと表示画面右上に電池マーク【B】が点灯し、リチウム電池の交換時期をお知らせします。

とある。なんだバッテリーじゃなくてメーターの方か。ローソン100で2個108円の CR2032 コイン電池を買ってきて、先日交換。前オーナーがマジックテープでメーターを脱着できるようにしていた上、電池交換のフタの所も円くよけておいてくれたので、難なく作業終了。【B】マークも消えて一安心。

定番のCR2032 雨が怖いけど補充電 バトラックスBT020→T30

念のため小雨パラつく日だったけれど再度補充電。こないだスリップサイン出始めてひび割れていた前タイヤも交換したし、服も新調したし、25日のイベントが楽しみ。

posted by mezzo forte in motorcycle and have No comments

二兎追う者は

カールフィッシャー版先日行った発表会の結果だが、毎回ではあるが満足な演奏はできなかった。というより人様に聞かせるレベルではなかった。

過去の反省回:
2010年 | 2011年 | 2012年 | 2013年 | 2014年 | 2015年

以前から発表会で必要な印刷物のデザイン制作や印刷の手配を行っていたが、去年から発表会当日の裏方も任されている。この教室では大体裏方仕事は男衆が担うのが伝統だったのだが、最近になって男性生徒が続々辞めてしまい、全然人手が足りていない。以前だったら人がいなくても周囲でフォローし合えたものだが、古参メンバーがだいぶ居なくなり、指示なしで動ける人は皆無。裏方の全般を知る者は私ぐらいしかいなくなってしまった。会場の常駐スタッフに照明や音響の指示を出すためタイムテーブルを作ったり、今回は急に外部のナレーターを雇ったものだから、影ナレ用の台本を急きょ作ったりなどして、家にいても練習より印刷物を含めた書類作成にかなり時間を割かれた。

今回弾けずに片方飛ばした箇所今年の夏は雨が少ない割に湿気が多く、持病の左肩の関節痛にも悩まされた。数十分とヴァイオリンを抱えられないので練習に身が入らない。そして選曲が冒険しすぎた。ハイフェッツ版のガーシュウィン「ポーギーとべス」は音大受験レベルの難易度らしい。その中の小曲「サマータイム」を選んだのだが、結局対位法の重音パートが弾けなかった。

昔から私は器用な方ではあるが、2つのものを同時進行することだけはできない。2つをソツなくこなすということができず、大抵片方がおろそかになってしまう。今回も途中から発表会の運営を優先させて自分の演奏を捨てていた。だから対位法が弾けないのも当然の結果。もし完成させたかったら片方を捨てるしかない。

言い訳としてはこんなところだが、結局は外部の要因ではなく、自分のお人よしと裏方仕事への完全主義、不摂生とか甘さが原因。要は自分が悪い。来年は自分に厳しくするのはもちろんだが、他人にも厳しくして自分の負担を減らすことを考えよう。じゃないと何のために習っているのかわからなくなる・・・

posted by mezzo forte in strings and have No comments