ジャイロキャノピー(TA02)ウィンドスクリーン研磨

走っていて気になったのはフロントガラス。というかジャイロキャノピーはガラス製ではなくポリカーボネートという透明樹脂で、要は硬めのプラスチック製。ガラスより傷つきやすいので、反射させると長年の傷が細かくあって乱反射する。拭いただけでは落ちないウロコ状の水垢も多数。さらに経年劣化のせいか少し白く濁って見える。このままだと白内障を体験しているかのように、運転中見えにくくて危険だ(ビフォー写真撮るの忘れた)。

このウィンドスクリーン、メーカー純正(型番 64211-GAG-000)の新品だと7万円近くするらしいから、磨いて再生してみることに。研磨剤には定番のピカール金属磨きを使用。あと手で磨くと疲れるので、どこのご家庭でも1台はあるだろう充電式ドライバードリル(ケーヨーD2オリジナル)に、六角軸で取り付けられるポリッシャーも購入。なおポリッシャーには普通の電動ドリル用に8mmの丸軸も付属。

購入したポリッシャーは回転台座にマジックテープで止めて交換できるタイプ。スポンジは黒とオレンジがあったが、材質の違いはよくわからない。色が違うだけ? 説明書もついていないし。

ピカールをスポンジに適当に垂らす。粘度的には台所用液体クレンザーとかと一緒。もしかするとピカールでなくても百均で売っているクレンザーでもいいかも。

あとはスイッチひねってひたすらスクリーンに押し付けるのみ。安物ドライバードリルのため回転が遅いが、逆にいい感じにみゅいんみゅいん。1か所に集中させると表面がゆがむ気がするので、均等にまんべんなく移動。何かアレだ、プロっぽい。

一通り終わったら研磨剤が残らないよう、濡れ雑巾でよく拭き取った。裏面(内側)も同様に研磨したところ、傷がほとんど目立たなくなった。作業時間10分程度。機械ってしゅごい。

ついでに自動車のガラス撥水剤で定番のガラコ (glaco) を塗ろうと思ったのだが、メーカーのソフト99によるとガラス用の成分のためポリカーボネートなどの樹脂には向いていないらしい。調べたら透明樹脂専用のガラコ BLAVE(ブレイブ) なるものがあるらしい。塗っておくと表面の保護にもなりそうだし、透明度が上がる気がするので、こちらを購入。

ガラス用のガラコは塗ったら乾かし、良く絞った濡れ雑巾で拭いて仕上げるが、BLAVE は塗ったらすぐ付属の乾いたクロスで拭きとる。塗る前も表面に水分は残さないようして、終始濡らさないようにするのがポイントらしい。

裏面(内側)も表面保護のつもりで塗ってみた。結露しやすくかもしれないけれど、どっちみち外と変わらないし。

で、磨いて塗って拭き取ったらこの通り。めっちゃツヤが出た。まさにキャノピーって感じ。

透明度は新車時の状態を知らないのでわからないが、以前よりずっとマシになった。なおガラコを塗ったことで透明度が上がったようには見えなかった。残念。

内側から外を見るとコントラストが下がって見える。新品と見比べていないのでわからないが、ジャイロキャノピーってこんなものなのかなぁ。

あとガラコを塗った効果だが、雨量が少ないと水玉が多くなってむしろ見えにくくなるのでワイパー必須。本降りになってもガラス用ガラコと違い、走行中の風圧で水が流れないため、ワイパー要らずにはならない。BLAVE はガラスにも使えるとあるが、ガラスだったら普通にガラス用のガラコを使った方がよさそうだ。

とはいえ以前は水で濡れると視界がグニャグニャになって見づらかったのが、水滴越しにハッキリ見えるようになったのでストレスが溜まらない。たまにワイパーを動かすだけで水が切れるから快感だ(ていうかワイパーブレードも替えないとダメか…)。

夜間だと水滴に街頭や対向車のライトが乱反射して一瞬視界が真っ白になることもあるが、ワイパーをちょっと動かせばOK。雨の日がちょっと楽しみになりそうだ。

あと試しにガラコ BLAVE をヘッドライトやサイドミラー、スピードメーターケース、テールランプなどの透明樹脂パーツにも塗ってみた。微妙にツヤが出て透明度が上がった気がする。

テールランプは試しに左だけ塗ってみるとこんな感じ。違いがわかるだろうか。

ボディは汚いままでも、透明樹脂パーツがキレイになっただけでかなり見栄えが良くなった。

あと雨が降った後、以前だったら水垢が残って汚くなったのだが、水を弾くからか雨上がりもスクリーンにツヤが残ってキレイなまま。表面保護の効果はわからないが、汚れ防止にもなるので透明樹脂パーツにはガラコ BLAVE がおすすめッ(ソフト99の回し者)。

created by Rinker
ピカール(Pikal)
¥604 (2024/05/24 16:53:08時点 Amazon調べ-詳細)

ジャイロキャノピー(TA02)購入

先日またX回目の転職をした。友人に話したら驚きもしない。とはいえ転職の度に思うのですよ、この会社が(つい)棲家(すみか)だと。でも私が勤めると最初はよくても、いつの間にかブラック化するんだよね…いやいや、単に私が辛抱足らんのか。

以前は職場まで徒歩5分だったのだが、今度は隣町で近くに駅もなくクルマで20分以上。でも自宅に新しく自動車を置く場所がないし、そもそも買う金がない。転職したてでローンなんか組みたくないしね。

仕方なくジクサーで通勤するが雨の日は大変。社用車に乗り換えるため会社から離れた駐車場に停めるのだが、屋根がなく着替える場所もない。ヘルメットもグローブも濡れるし長靴の履き替えも面倒。何よりジクサーが汚れてイヤだ。

そんなわけで雨の日用に屋根付き3輪バイク、ホンダジャイロキャノピーを購入。実は前々から欲しかったバイクで、2ストの TA02 中期型(たぶん2002年式、22年車)。もう公道で走れる2ストバイクは生産していないし、今後ガソリン車ですら絶滅しそうだから乗り納めしたい。あと2ストはいざとなったらエンジンがカンタンだから何とかなりそう。まあ年式がアレなんで部品の欠品は怖いが。

とってもファニー

ヤフオクで購入したのはデカ箱と前カゴつきの、あちこちいじりまくった車両。5万円スタートだが入札ゼロで2回流れ、「これは私が買わねば?」と変な使命感に駆られ入札。そのまま落札した。GWキャンペーンの4,000円引きクーポンを使ったので、実質46,000円。激安ぅ。

あと自分で改造申請するの面倒なので、初めからミニカー登録してあるやつにした。ジャイロのトレッドを500mm 超にすると原付(白ナンバー)からミニカー(水色ナンバー)に登録できるので、制限速度 60km/h までとなり、二段階右折とヘルメットが不要になる。ただし原付免許不可で要・普通自動車免許以上となるので注意。自動車の区分は国土交通省、運転免許は警察庁、原付の登録業務は市区町村と管轄が違うのでややこしい。

戻されていなければ 33,572km

ミニカー登録のためハブにスペーサーを噛ましてあるようで、ノーマルタイヤだがフェンダーからはみ出している。後ろのボックスがそれ以上にはみ出しているので問題ないとは前オーナーの弁だが本当か?

フェンダー擦りそう

調べてみたら「道路運送車両の保安基準」第六十一条の

 車体の外形その他一般原動機付自転車の形状は、回転部分が突出していないこと等他の交通の安全を妨げるおそれがないものとして、告示で定める基準に適合するものであること。

道路運送車両の保安基準 – e-GOV 法令検索

とあるので、車体(厳密にはボックスは積載物)からはみ出していないからギリ大丈夫そう(厳密にはアウト)。カッコ悪いからそのうちオーバーフェンダーでも自作するか。

汚ったなーい(こすっても落ちない)

検索すると「原付は自動車じゃないのでタイヤはみ出しOK」みたいな事を書いてあるサイトが大半だが要注意。2023年の法改正で「特定小型原動機付自転車(いわゆる電動キックボード)」が追加される以前はどうやら上記条文がなかったらしい。今は自動車とほぼ同じ保安基準(「道路運送車両の保安基準」第十八条 第二号)に改正されたので、たぶんタイヤのはみ出たジャイロとかバギーはもうアウトっぽい。とはいえ最近の警察は捕まえやすいところで罠を張るだけ。昔はカタナ狩りなんてのがあったが、今は捕まえるのが面倒な少数派のバイクなんてスルーだろう。

と脱線したが、まずは公道に出よう。前オーナーから引き継いだ廃車申告書兼標識返納書と免許証を持って市役所へ。市民税課の窓口に提出したら現車確認もなく、書面だけで水色ナンバーを手数料0円でもらえた。しかし500番台って、ウチの市のミニカー登録台数少なッ。

隠さなくてもいいけど

自賠責は原付バイクと一緒でOKなので、セブンイレブンで即日加入できる。マルチコピー機で個人・車両情報を入力し、出てきたレシートを持ってレジで60ヶ月分 13,310円を支払い。また別のレシートをもらってコピー機にバーコードを読み込ませ、保険証書を出力。バイト君が期限ステッカーを忘れていたからレジに戻って催促し完了。この後、任意保険もネットで申し込み、即日効力日にした。走っていて空中分解して事故ったら怖いからね。なお自動車保険に加入している人ならミニカーでもファミリーバイク特約が使えるらしい。

原動機付自転車(ミニカー)

早速ナンバーを取り付け、カインズホームの激安2ストオイルを注いで近所を走らせてみる。懐かしいオイルの焼ける匂い。でも燃料が濃い目なのかめっちゃガソリン臭もする。排気がどこか洩れているのかもしれない。思ったより白煙はないがガソリンがめっちゃ減る。でも2ストだからこんなものか。

あとサスがヘタっているのか乗り心地が悪く、道路の段差で底つきする。フロントタイヤがウネウネと波打つように偏摩耗しているから、コーナーを曲がるとハンドルが微妙にウネウネする。加速が悪く後ろからクルマに煽られる。1分ぐらい引っ張れば平地で 55km/h ぐらいまで出るが、走行中あちこちミシミシ鳴っている。よく見るとあちこちネジがない。モールも取れそうになる。ミラーが勝手に違う方を向く。フロントスクリーンの透明度が低くて前がよく見えない。昔、配達で乗ったこともあるが、こんな不安定な乗り物だったっけ?

うねってんねん

あと前オーナーから聞いてはいたが、数日エンジンをかけないとエンジンがかかりにくくなる。セルを回しすぎるとバッテリーがヤバくなるので、キック数十回でようやく始動するが、しばらく暖気しないとストールするからすぐ発進できない。まあこれは2ストあるあるだけれど。

と、あちこち気になるところは色々あるが、全然走らなくはない。いや、むしろ結構走る。慣れてくるとゴーカートみたいで楽しい。雨の日もカッパの上だけでOKで、そこそこ降っても腕と肩が濡れるだけ。帰りにスーパー寄ってもデカ箱だから荷物が余裕で積めて、ベルトで止める必要もない。何よりノーヘルでサッと乗れるのが本当にラクで、通勤ストレスがほぼなくなった。あとはこれ以上悪くならないよう、徐々に手を入れていくことにしよう。バイク3台所有して、青空整備しまくっていた20代の頃のワクワクが甦るぜ!(関連記事:SRX以前のバイク遍歴

でもジクサーだと手持ちの工具だけで十分だったのだが、古いジャイロを整備するため Amazon で爆買いせざるを得なくなった。以下にあるもの以外にも色々買いまくり、すでにプラス三万円近くは出費している。

仲間外れがいます

もしかして、もうちょいお金を出して状態の良い車体買った方が得だった…? いやいや、そんなことは…

GIXXER 150 にヘルメットロック

昔からのバイク乗りからすると、あるのが普通だと思っていたヘルメットロック(ホルダー)がジクサー 150 にはない。インド生産のバイクだが、本国じゃノーヘルが当たり前だからだろう(一応、着用義務はあるらしい)。どうやらスズキではオプションの用意もないみたい(サイズの合わないのはある)。

使い勝手を考えるとタンデムステップのフレームに取り付けるのがベストだと思うが、パイプの直径を測ってみたら19mm。汎用品のヘルメットロックだとだいたい22mm以上になってしまうため、寸法が合わない。キジマの専用も売っているが、なるべく安く済ませたいので以下の中華製の汎用品を Amazon で購入。

届くと箱にも入っておらず、チャック付きのビニール袋の簡易包装で説明書もなし。エコだし気にしない。ちゃんと六角レンチも付いているし(でも要らない)。

2か所の六角ボルトでクランプを締めて固定する仕様。フック側は長い六角ボルトになっており、施錠した時にはレンチ類が入らないので外される心配はない。

この汎用品は22mmから対応とあるが、これはあくまでも付属のスペーサーなどを使って調整するため、実際は穴がもっと広い。そのまま付けてもユルユルだ。色々考えたが、両面テープをパイプに巻き付けることにした。庶民の味方ダイソー製。

2、3回巻き付けて、付属のスペーサーも貼り付け。

でも取付位置がなかなか決まらず何回も貼り直し、テープをダメにしながら結局フレームのギリギリの所に取り付け。

長いボルトも取り付けて、何となく純正っぽく収まった。

だが弾力性のある両面テープぐるぐる巻きなので、揺すってみるとこんな感じ。

連写した写真をつなぎ合わせた GIF 画像なのでかなりグラグラして見えるけれど、重いシステムヘルメットを引っかけてもズレることはない。昨年9月から数か月使っているが、今の所外れそうな気配もなし。ヨシ!(猫省略)

ただし雨の日に乗っていないので、もしかすると水に濡れるとダメかもしれない。グラグラがイヤで不安な人はキジマの専用品を買いましょう。

あと問題なのは付属のキーを愛用のキーケースに付けると収まりきらないこと。ENEOS の EneKey などもあり、かさばってボタンが閉まらない。でも閉めなければヨシ!(ヤケクソ

これでようやくヘルメットを盗まれる心配はなくなった。昔、ホームセンターに行って面倒だからと ARAI のヘルメットをミラーに引っかけて置いていたら無くなっていたことがあったからね。以前も VT250 盗難未遂されたし。というか人のモノを盗む奴って、タヒんでしまえばいいのに…

created by Rinker
¥12,125 (2024/05/24 16:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

GIXXER 150 のミラー交換

購入してから結構乗り回している愛車ジクサー150。パワーは先代 XJR1300 と比べるまでもなく貧弱だが、キビキビと走り小回りが利いて、フルパワーを使い切れるところが良い。何より燃費が良く、結構ブン回しているのにリッター 50km 近く走る。ガソリンが高騰している今、すごくありがたい。

もちろん不満もある。駐輪する際にヘルメットホルダーがなくて困る。仕方なくメットはミラーに引っ掛けておくのだが、純正ミラーのジョイント部が緩く、すぐ向きが曲ってしまい煩わしい。

もう少し固くできないかと観察すると、ジョイントの付け根にネジを発見。増し締めしようとプラスドライバーで回したら「ペキッ」とプラスチックの割れる嫌な音がした。

ミラーが割れた!

位置からすると、どうやら内部でネジの先がミラーに貫通した模様。え? 意味不明。

ネジもめでたくバカになってしまい、締める前よりユルユルに。オーマイガッ! 2018年式なので5年経過しているが、もう経年劣化? 純正ミラーには Fiem と文字が書いてあるが、どうやらインドでバイクのライトやミラーなどの補器類を生産している会社のよう。これがインド・クオリティなのか…

仕方なくミラー探しの旅にネットの海を泳ぐこと数時間。調べてみたら2007年式以降、サイドミラーが新しい保安基準に適合しないと整備不良となることがわかった。罰則は違反点数1点、反則金6,000円(50cc 未満は5,000円)で、良いミラーが買えちゃう。ジクサーのような軽二輪は関係ないが、中型バイク以上だと車検も通らない模様。なかなか面倒になってきた。

タナックス(ナポレオン)- バックミラーの適合表および保安基準について(PDF)

保安基準ではサイズや形状はもちろん、50km/h 以上で走るバイクについては左右両側にミラーの装着が必要とのこと。さらに歩行者に当たったときに衝撃を吸収するよう、緩衝装置が取り付けられていないとならないらしい。

ミラーロックナット

そのため先代 XJR1300 などに付いていた直付けミラー(ステーにねじ込んでロックナットで止めるタイプ)は、どうやらジクサーにはNGとなってしまうようだ。なお 2006年式以前のバイクは適用外のため、直付けミラーでも整備不良にならないとのこと。

先代 2001年式 XJR1300
先先々代 1986年式 SRX400
ジクサー150のミラーの正/逆ネジ

ジクサーの純正ミラーはミラーステー側に逆ネジ、ハンドル側に正ネジが切られたアダプターを間に噛ましている(図解)。ぶつかった時にどちらかのネジが緩んで衝撃を吸収する、ということになっているようで、このアダプターが緩衝装置になるらしい。

なのでこのアダプターを再利用しようと思ったのだが、逆ネジが切ってあるミラーでないと取り付けられない。だが左右とも逆ネジのミラーは少なく、なかなか値段の安いものが見つからない(まあ純正でも片側1,800円ぐらいだが)。

結局再利用はあきらめて、Amazon で比較的レビューの評価が高く、よく売れている KEMIMOTO バイクミラー 汎用 左右セット(購入時10% OFF クーポン適用で2,862円)をポチッとした。

ホームページには住所もなく、メアドしか連絡先がない

数日して届いたミラーは思っていたより細身で、純正より横長だが縦は狭くシャープな印象。でも形状は似ているのでコッソリ交換されていたら気づかないかもしれない。

ミラー左右本体のほか8mm 正ネジ2本と8mm 逆ネジ1本、10mm の正ネジ2本と 10mm 逆ネジ1本、取付用工具のボックスレンチ(六角 10mm)が付属されていた。ちなみに逆ネジはヤマハの右側用でメッキの色が黄色。恐らく国産バイクのほとんどはこれで対応できるだろう。ただし説明書はなし。ジクサーには 10mm の正ネジ2本を使用。

金具にはスプリングが付いていて、強く締め付けなくてもバネの力でミラー本体がハンドルに固定されるようになっている。強い力で動かすと、そこを軸に回転するようになっているので、これが緩衝装置の役割をするようだ。うーん、むしろ純正品よりいいかも。

商品説明には、

【振動により緩みない】
スプリングが付きなので、バイクの振動をへらします。円錐のデザインで、ミラーアームとネジ をしっかり繋がってくれます。バイク振動で緩くなる心配なし!

https://amzn.to/3OADzzE

と怪しい日本語で振動軽減をアピールしているが、そこは期待できないかも。ヤマハSR ならともかく、ジクサーは非力で振動が気になるほどじゃないしね。

まずは取付金具を既存のミラーステーに回し入れ、17mm スパナで根元をしっかり固定。上側のナットを緩めワッシャー2個とスプリングを外してから、ミラー本体を差し込んでワッシャー、スプリング、ワッシャー、ナットの順に入れ直し。そして付属のボックスレンチを使ってナットを締めようとしたら、

付属のボックスレンチがミラー本体の穴に入らない!

穴が狭くて深いので、メガネレンチやスパナも無理。でも、これは Amazon レビューにもあった事前情報。付属の工具は投げ捨て、自前のソケットレンチ(10mm)を使ってみた。だが持っている TONE のソケット(外径 14.4mm)でも結構ギリギリの状態。コンマ数ミリの余裕しかない。

無理やり差し込んで何とか最後まで締められたが、ソケットを抜くときはキツくて苦労した。恐らくザグリ穴の寸法を決めるとき、塗膜の分で穴が狭くなるのを勘案しなかったのか、ザグリ用の切削工具の刃が摩耗して穴が狭くなったんだろうなあ。うーん、さすがチャイナ・クオリティ…

で、何とか両側とも取り付けて角度調整しようとシートにまたがって増し締めしていたら…ETC のアンテナを取り付け忘れていた! まあ、バイク整備あるあるですな。もう一度外して取り付け直し。

で、取り付けたらこんな感じに。以前よりミラーが小ぶりになった分、車体が大きく見えるかも。隣に比較対象がなければニーハン(250cc のバイク)に見えるかもね。イーネッ!(クレイジーケンバンドの人)

で、実際に走ってみたらやっぱり以前より小っちゃ! 見えにくくはないが、細くとんがった形状に違和感バリバリ。まあ走っていれば数分で慣れるでしょ。

長所としては従来品と違い、取付ナットをいちいち工具で緩めずミラーステーを前後に動かせること。スプリングで自由度がある分、ステーを回転させられるので、信号待ちでも調整できて便利。ミラー底面にちゃんと水抜き穴も開いているし、安い割にはいいんでないかい?

さて、ジクサーは積載性が非常に悪いので、今度はリアキャリアを買おうかな…その前にヘルメットホルダーか…

created by Rinker
¥2,958 (2024/05/24 20:09:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥12,125 (2024/05/24 16:53:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥785 (2024/05/25 16:29:39時点 Amazon調べ-詳細)