茨城ツーリング(後編)霞ヶ浦→大洗

湖なのか海なのかとりあえず写真だけアップして、下書きのまま半年近く放置していた前回の続き。書こうにも思い出すのがめどいので写真のキャプションだけ入れて公開。

まあガルパン差し引いても大洗は海のものが美味しいし、景色も良かったし、いい所ですよ。けしてガルパンなんか興味なくても。ええ。

フォトジェニックな雲 大型車の貫禄? クレープ屋がポップな戦車 クレープ屋の閉店時の戸かな 顔は出さなかった キモいゆるキャラ 萌えキャラ土産増えたね うめてんてーの梅酒 ショッピングモールのコーナーは意外と閑散 望遠で覗いたらここもガルパン 痛車というより営業車 ちょっと登って大洗磯前神社へ 鳥居から望む海 ガルパン神社と検索すれば出る 絵馬も当然こう ブヒイイイイイッ 見事な透かし彫り 艦これの聖地でもあった それらしい人でにぎわう大洗駅 信号の制御盤かな 当然ガルパン やっぱり撮る 帰り際に遅めの昼食 レストラン網本 本日の魚定食 安くてうまし

建った住んだ片付かない

一見、片付いているようなだいぶブログの更新を空けてしまった。家が落ち着かないと仕事だけで精いっぱいだったのだが、建て替えと引越しも1月末には無事完了し、ようやく仕事も気持ちも落ち着いてきた。なのでリハビリがてら久々投稿。

越してから3ヶ月は経つというのに、まだ封すら解いていない段ボールが20個ぐらいある。ほとんどが本だ。写真のようにセミオーダーの本棚を3本設置したのに、入り切らないことに気づいて我ながら驚愕している。

こんな感じ引っ越しの際に長年使っていた本棚はほぼ捨ててしまった。パーティクルボードという、オガクズを接着剤で固めた板で作られたそれは本やレコードの重みで反ってしまい、ひどいものでは止めたビスの所で板が割れてしまっていた。安かったから仕方ないが、できれば家具は買い替えずにずっと使っていたい。

耐荷重を重視するとスチール棚なのだが、本を入れるには使いづらいし格好が悪い。木製で重さに耐えられる棚はないものかと検索していたら、イキクッカというシステム家具にたどり着いた。しかしこちらの棚は奥行が30cmのものしかなく、それだとコミックや文庫、新書などの小さめの本が置きにくい。だが同社は本棚屋 別館も運営しているようで、材質の同じ北欧パイン集成材を使っているようだ。耐荷重は明記していないが、材質が同じものなら十分耐えられるんじゃないかと踏んでこちらを注文。

こんな状態で1ヵ月80センチ幅のA4ベース+A4・2段棚+A5ベース+A5・2段棚+A5・1段棚の組み合わせを3本発注。送料含めて12万近くなったが、私が手を伸ばして届く高さで2m40cm幅を用意したらニトリでも10万近くなるだろう。そんなパーティクルボードの安物を数年ごとに使い潰すよりは、ちょっとお金を足して頑丈なものを買い、ン十年使った方がずっとリーズナブルかもしれない。

カムロックがスグレもの注文から3週間程度で届いたが、棚板などはすでに接着済なので、結構大きめの箱で12箱が玄関先に山積みに。小雨がパラついてきて慌てて部屋に押し込めたら疲れてしまい、仕事も忙しかったのもあってそのまま1ヶ月放置。あまりの数にしばらくは梱包を解く気力も湧かなかった。

積んで1週間経つが反っていないようやく最近になってようやく組み上げ(とはいってもダボと金具でジョイントするだけ)たが、思った通りの頑丈さと質感で気に入っている。ベースユニットの奥行がちょうどアナログレコードにピッタリなのだが、100枚超を目いっぱい詰めてもほとんど反らない(前のパーチクルボードの棚は、積んだ瞬間からメキメキ言っていた)。触り心地もすべすべしっとり。スチール棚のように冷たくないのもいい。

これはいい買い物したと、本棚にゴキゲンで詰めていたのだが先述通り蔵書が入り切らないことが判明。同じ本棚を買い足したいが、これ以上増やすと窓やクローゼットをふさぐ形になってしまう。どうしよう。

開けていない箱がまだこんなにでもこんなこともあろうかと、ロフトベッドにしておいたのだ(G★SOLID ロフトベッド H139cm 梯子有)。その下にキャスターつき本棚を設置すれば、余裕で収まるはず。パーティクルボードのものしかなかったが、下のアイリスオーヤマだと割と耐荷重が他より高いので何とかなるかなと期待して5個発注。

とはいえ少しは老後とかも考えて身軽にしておいた方がいいのかなぁ。これでもコンピュータ関係の本や雑誌など大量に捨てたのだが、どうしてもあとで資料になるんじゃないかと思う本は捨てられない。数えたことがないので不明だが、一体何冊あるのだろうか・・・