unblogged

mezzo forte の「のほほん」な日記

苦手なG線 その2

ヴァイオリンの先生は私のレッスンの前後1時間以上、他の生徒のレッスンを入れない。いつもレッスンの倍以上の時間、雑談をしてしまう。内容は楽器や曲、音楽家にまつわる雑学や、映画、インターネット、精神医学、自然科学、恋愛沙汰、ペット事情と多岐にわたる。そうやって色々と話していると人生論になってくる。波乱万丈というわけではないが、お互い人生を不器用に生きてきたタイプ。そのためか生き方考え方が似ていて共感を得ることが多い。

ある日の先生の話も興味深かった。「逃げると後で追いかけてきて、また前にはだかってくる」という話。若い頃の先生は人間関係が嫌いで、面倒が起こるとすぐ逃げていたそうだ。交友関係を広げたり、人に指示したり、そういうのが嫌だからヴァイオリンの道に進んだらしい。だが人生の節目節目で、そうして避けてきた事が前に立ちはだかってきたそうだ。その度に逃げていたそうだが、次に来たときは前よりも手強くなってきたとの事。そのうち生活のためどうにも避けることができなくなって、ようやく覚悟を決めて立ち向かったそうだ。もちろんかなりの苦労をしたようだが、今となってはそれが人生を好転させたきっかけになったと話していた。

私も苦手なもの、面倒な事は嫌だ。避けてきたもの、わかっていても見えないフリをした事がいっぱいある。その1に書いたG線もその一つ。

G線と聞くとクラシック好きな人ならすぐ思いつくのは「G線上のアリア」だろう。バッハの管弦楽組曲第3番の中のアリアを、19世紀ドイツのヴァイオリニスト、ウィルヘルミがヴァイオリンとピアノ用に編曲したもの。今では原曲のオーケストラ演奏まで「G線の~」と呼ばれてしまっているが、本来は別物だ。

このヴァイオリン曲の特徴は、原曲のニ長調を1オクターブ以上低くしてハ長調に転調し、G線だけで弾くようにしてあるところ。最低音がGの解放弦のソ、最高音が1オクターブちょっと上のシ♭までを1本の弦だけで弾く。一番高い音でも第7ポジションの3の指(薬指)だし、テンポもゆったりなので、中級以上ならば実はそんなに難しくはない。

ところが、これをキレイな音で聞かせようとするととんでもない。前回書いたようにG線がまるで響いてくれないのだ。ロングトーンでボウイング(右腕の動き)のムラがモロに出る。左腕はヴァイオリンに回り込ませるようにぐっと曲げないとならないから、腕肩がつるしヴィブラートも安定しない。ポジション移動が多いから音程も合わない。今の私だと老婆が絞め殺されているような、不快な音にしかならない。まさに私が抱えている欠点をすべて白日の下に晒すような嫌な曲なのだ。

そんな曲を今年の発表会に選んでしまった。我ながらマゾい。しかし一昨年の発表会で弾いたバッハのおかげで、重音(二弦以上を同時に弾く)の苦手意識を克服したし(上手くなったわけではない)、私が今、越えるべき山なのだと思う。というか今逃げたら、冒頭の先生の話のように後になってさらに大きくなって立ちはだかってくるだろう。悪いフォームは年を取ってから直すのが容易ではないし、演奏に致命的な故障を起こす要因にもなる(と、メニューインの本にも書いてあった)。

だが季節の変わり目で体の節々が痛い。慣れない姿勢を強いるG線のハイポジションがキツく、長年の悪い癖を直すのに四苦八苦。ひたすら基礎からやり直している状態で、今はまだ曲をさらう以前の問題。もう、くじけそう・・・

  posted 01:13 by mezzo forte in strings and have No comments

苦手なG線 その1

G線が苦手だ。バイオリンを真正面から見たとき、一番左側にある弦。最低音が出るところ。初級の第1ポジションじゃどうってことはないが、これが第5以上になるとまるでキレイに響かない。

それもそのはず、低い音を出すには高い音よりエネルギー量を多くしないとならない。人間の耳は音が低くなるほど音を感じにくくなるので、体感的に同じ音量で聞こえている高い音と低い音は、実はエネルギー量に差がある(詳しいことは「デシベル ホン」でググれ)。

スピーカーの高音用のツイーターは小さくても十分鳴るが、低音用のウーファーは何倍も面積を大きくして電流を多く流さないとその高音に負けてしまう。それに高い音から低い音へと同じ音量に聞こえるようにするには比例ではなく、対数的にグラフがグイッとカーブを描くようにエネルギー量をググッと増やさないとならない。オーディオのボリュームの部品に使われる可変抵抗器はそういう風に作ってあるらしい(Aカーブ)。

楽器の場合、低音を豊かに響かせるには本来なら弦を長くした方がいい。同じ太さの弦ならば、単純に2倍の長さにすれば、振動数が1/2になって音程は1オクターブ低くなる。だからピアノだったらアップライトより、やたら長大なコンサートグランドの方が響きがいい。

しかしヴァイオリンやヴィオラは弦が長すぎると腕で抱えきれなくなるから、弦をコイル巻きに太く重くして振動数を無理やり抑えている。だから弦の作りからしてもともと響きが鈍い。そんな弦をハイポジションで弾くと、押さえた指と駒の間、10センチ以下の中で弦を震わせることになる。さらにヴァイオリンはチェロやコントラバスに比べて共鳴胴も小さいし、単純に考えてもいい音で鳴るはずがない。

・・・でも、ヴァイオリン演奏家の巨匠が弾くと、何とも憂いのある深い音色になったりするのだ。物理法則をもねじ伏せる、何か超絶なテクニックがあるらしい。頭でっかちな私はその法則性を探るべく、何度か今まで試行錯誤を繰り返してみたが、今の所どうにもならない。地道に練習を重ねるしかないのだろうが、練習ギライなのでとりあえずG線は避けて通ってきた。そのうちなんとかなるさ、と。

  posted 23:57 by mezzo forte in strings and have No comments

Maia Bang Part 3 終了

先週のレッスンだが、マイア・バングの教本3冊目が終わった。というか後半は数ページ飛ばしたけれど・・・

昨年からカイザーを始めている。表現力をつけるための練習なので、練習曲といえども面白い。とはいえ最近職場で色々ゴタゴタがあって疲れてしまい、練習に身が入らない。やりたい事は他にも色々あるのに。

そんなわけでストレス解消に、好き勝手にデタラメにギコギコ弾いたり、ヴィオラをいじって遊んでしまう。そうでもしないとダブルシャープやらが並ぶ小野アンナの音階練習や、中指と薬指を思いっきり離してスラーで速弾きするセヴシックの指練習など、拷問にしか感じず、ヴァイオリンを手にする事すら苦痛になるので。そんな事しているから、課題がちっとも進まないのだが・・・

そういえば、先日上司が退職した際、だいぶ前にその上司にリクエストされた曲を最後の日に弾いて送り出した。初めて職場でみんなの前で演奏したのだが、練習不足ですごく微妙だった。そこそこ弾けるようになったと思っていたのに、まだまだ人前で弾けるレベルに達していない事に気づかされた。今思い出しても恥ずかしい。

スランプだとか疲れたとか言い訳ばかりしている場合じゃないよなぁ・・・ちゃんと課題を練習しよ。

  posted 23:44 by mezzo forte in strings and have No comments

UPSのバッテリー交換とか

APC BK500jp会社でいろいろ疲れることがあって2カ月も更新を放置してしまった。とりあえずリハビリがてら備忘録。

最近になって家の WiFi がインターネットにつながらず、光回線終端装置の電源を入れ直さないと復帰しなくなった。もしかしてこないだ部屋に忍び込んだ猫がおしっこでもかけたのかなと疑ったが、ふと思いUPSから直に電源につなぎ直したらそうしたことが少なくなった。ずいぶん前にアキバの中古店で購入した非常用電源 APC BK500。どうもこいつが怪しい。

中古で購入時に互換品のバッテリーに交換したのだが、横のラベルを見たら2006年。もう10年以上経過しているじゃないか。どう考えてもバッテリーのせいなので、交換することに。それに最近になって家族がエアコンとドライヤーでブレーカーを落としてばかりだから、いざというときに働かないのも困るし(過去これのおかげで、落雷や一斉停電、ブレーカー落ちで何度も助かった)。
2006年の4月かよ 裏ブタのネジ2本外すだけ バッテリーの底がこんにちは
交換自体は裏ブタ外して取り出して、+/-間違えないように挿すだけ。難しいことは何もない。というか、赤と黒で色分けしてある上、逆につなげようにもコードも届かないから間違えようがない。
たぶん秋月電子で買った台湾製 GSユアサ シンプル・イズ・ベスト たぶん筐体がマイナスアースなのかプラス側に保護カバー
交換用のバッテリーはベトナム製の一番安い LONG(ロングではなくクンロン「廣隆」)のシールドバッテリー WP1236W。純正は 12V 7.2Ah なのだが、数百円しか変わらないので 9Ah にグレードアップ。念のため、交換前に数時間補充電。+端子の保護カバーは新しい両面テープで貼り直した。
一家に1個あると何かと役立つ強力両面テープ LONG WP1236W 自動車用の充電器
交換して電源が正常に入ったのを確認し、終端装置とホームルーターを接続。コンセントを引っこ抜いて「ピッ」という警告音が断続的に鳴っても、電源が落ちなかったから大丈夫だろう。今、この記事を書いているPCもつなげ、これで当分は一安心。とはいっても本体が15年以上経ってるから、そっちが故障するかもしれないけれど。
ラベルの替えがない 一応電圧は出ているけれど・・・ 膨らんで充電しなくなったBLS-5互換バッテリー
古いバッテリーの電圧を測ってみたら一応 12.9V ほど出ているが、恐らくヘタっているのだろう。というか建て替えの時に仮住まいに住んでいた半年間、使っていなかったのが悪かったのかも。こないだ2年前に買ったデジカメのバッテリーも1個ダメになったのだが、放電状態で2日ほど充電しなかったせいだと思うし。ペケジェも昨年しばらく乗らない間にバッテリー上がり起こしてしまったし。

うーむ、ブログ同様、放置はイカン・・・

  posted 01:26 by mezzo forte in camera,computer and have No comments