ありがとう、そしてさようなら

 VT250FEがたった今、ワゴン車に積まれて私の元から去った。

 5年前、職場のPCからヤフオクで、29,800円で即決して入手したバイク。最低限走れるように直しつつ、雨の日も風の日も炎天下でも台風でも雪の日でも走った。5年で走行距離は3万キロ以上だが、通勤に使っていた数年間、途中でエンコすることは一度もなかった。

 それなりに手は入れていたけど、いつ壊れるかわからないから遠出はほとんどしなかった。ツーリングらしいことは1回もしていない。スーパー、コンビニ、ホームセンター、隣町、たまに用事で都内や横浜。大した距離は走らないが、レジ袋を両脇にぶら下げたり、段ボールを積んで走った。布団や棚やビール缶2ケースも運んだ。ひたすら日常の下駄として使っていた。

 エンジンは下から上まで気持ちよく回るが、今考えると曲がらない、止まらないバイクだった。それでも新車の250をコーナーでインからブチ抜き、中型スクーターに信号グランプリで勝ち、S字コーナーならば400と張り合えた。そしてよくコケた。火花が散って血濡れになったことも。レバーは4本折り、ミラーは5本割った。バンクセンサーとバーエンドもいつの間にかどこかへ吹っ飛んだ。最高速試したらメーターワイヤーとメーター球が切れた。

 今は機関上も外観上にも不具合ないSRXがあるから、別に寂しくはない。VTはハッキリ言えば思い入れのない、下駄と割り切って履き潰したバイク…だから寂しくはない。

 でも恩田君、キミはとてもいい子だった。ありがとう、そしてさようなら…

天気が良かったので

 まぼろしの太麺焼きそばがあると聞いて、今日はSRXでバビュンと川越へ。寺の境内にテントを張って焼いてるというヒントを元にネットで寺を割り出し、すんなり目的地に到着。境内に入るや否やソースの匂いですぐにそのテントを突き止め、買おうと思ったら「麺が終わっちゃって今日は売り切れです、ごめんなさい」。やっぱりまぼろしだったらしい。

←秘孔を突いて、すでに動けないぬこ

 ぬこが鐘突きのところで日向ぼっこしてたので、首根っこをかいかい。寺に居ついているぬこらしく、逃げないし人になでられることに慣れている様子。目糞だらけだが、かわいい。ぬこいじってても仕方ないのでとりあえず駐輪代の代わりに賽銭投げて帰ろうと思ったら、今度はしょう油のいい匂い。

 境内には団子屋もあったのでそこで3本昼飯代わりに購入。至って普通の団子だが、天気のいい日に外で食うと旨い。

 ああ、バイク日和だねえ…ていうか金曜だというのに観光客が多いな川越。おまいら平日だっていうのに何ヒマこいてんだ。

 で、焼きそばは今度リベンジするつもり。

大きな買い物

 ようやっとヤフオクで買ったバイクの正体を。ヤマハSRX-4(初期型1JL)。実は発売当時憧れていたバイクであった。今はそんな興味なくなったし23年前のバイクだけど、走行距離9,000キロでディーラー整備車で車検1年半ついて11万なら買いでしょう。

 名変手続きを行って、都内まで引取りに行って戻ってきてから計70キロほどしか走ってないので、まだ何とも言えない気がするけれど今の所のインプレッションを。

 250→400ccへのステップアップ、おまけに今度は単気筒のエンジンだからトルクフルな走りを期待したらアレレレ、って感じ。全然力がないし、なんか遅い。音もなんかシュポポポーって感じのスーパーカブに近い軽い音色で迫力はない。車体もVTよりメチャクチャ軽い。とにかく何から何まで肩透かしな印象。

 でも引取りの帰り道でスタートダッシュは他のバイクに比べて突出して速い。セパハン(セパレートハンドル)で前にシンプルなメーターが2つしかないので、メーターが表示している速度より速く感じる気がする。それともVTのメーターが狂ってるのか。同じ60km/h出しても、何だか速く走っている気がする。ていうか振動もすごい。

 タイヤが今度は16インチから18インチになった分、コーナーの切れ込みは悪いがしっかりとした印象。その代わり、いい加減なライディングができない。コーナーリング手前できっちりシフトダウンして、タイミングを合わせて荷重をコントロールしないと速く曲がれない。なんか懐かしい感じ。そうそう、昔乗っていたヤマハSR250の雰囲気にそっくりだ。体重移動がスムーズに行われると、フレームが柳のようにしなってコーナーリングの出口でピシャッと戻る感じ。うん、楽しい楽しい。

 エンジンは相変わらず力がないなあと思ってたのだけれど、今日レッドゾーン(7,000rpm)までブン回してみたら、やっとこのバイクのクセがわかってきた。単気筒のクセしてきっちり回る。さすがDOHC。高回転時と低回転時を使い分ける2つのキャブのYDISが、ある程度回さないとパワーが出ないことは知っていたのだが、なるほど250のようにしっかりスロットル回す必要があるらしい。きっちり回してやると低回転時と比べ振動が消えて別物になる。下はスカスカ、上はビュンビュンな実に単気筒らしからぬエンジン。スカスカといえども400なので、ルーズに回してもちゃんとそれなりに走る。

 まだまだこのバイクの性能を出し切っていない気がする、というか街乗りしかしていないので何とも言えないが、乗りこなしたら面白いバイクであることは間違いない。というか、どうやら歴代のオーナーがちゃんと回してなかったっぽいので、これからカンカン回せばエンジンが化ける可能性大。今度、首都高でも流してみるか。

 それはそうと、久々にVTの方も乗ってみたら怖い怖い。重い、止まらない、真っ直ぐ走らないが速度だけはやたら速い。よくもこんなバイク(いや、単に劣化が激しいだけ)に乗っていたものだ…