アナログレコーディング

 レコーディングって言ってもカセットに録音するだけ。それもラジオ体操を。会社で日勤するときは朝礼前に体操するのだが、このカセットがいつのものだかわからないほど古い。ワウワウしている上、途中で音が途切れる。聴いてて非常にイラつく。

 夜中に検索しまくって探し出したダウンロード不可の MP3 音源をブラウザのキャッシュから抜き出し、Windows Media Player で再生。これを PC に挿している E-mu のサウンドボードの OUT からベリンガーのヘッドフォンアンプ経由で TEAC の3ヘッドカセットデッキに接続。意味もなくカセットのバイアス調整とかやってみたり、ピークレベルを見ながら左右のバランス取ったり、音量にムラのある部分はレベル調整を AKG のヘッドフォンでモニタリングしながらリアルタイムに調整してみたり。途中ヘッドクリーニングしたりして、何回も試行錯誤しながらようやく1時間かけて納得のいく録音ができた。

 翌朝、会社に持っていって1スピーカのちっちゃなラジカセに入れておく。いつものように控えめな音量で再生しながらみんなで体操。言わないと誰も気づいてくれない。

 誰か仕事の手の抜き方を教えてください…

「アナログレコーディング」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)