はじめての青歯王

 最近EeePCを持ち歩くようになって気になっていたのはタッチパッドやクリックボタンの使用感の悪さ。iBookの快適さに比べるとどうしても気持ちが悪い。コスト切り詰めて作ってあるのだから仕方がないけれど、それにしてもちょっと耐えられない。そんな理由で本体にオマケでついていたマウスも一緒に持ち歩くことになるのだが、カバンに入れていると今度はUSBのコードが絡まってストレスに。で、以前から気になっていたBluetoothマウスをこないだ買ってしまった。私にとって初めてのBluetoothデバイス。

 買ったのはエレコムの M-BT2BRWH。理由はソフ○ップで2,980円と安かったから。本当は黒の方が良かったのだけれど、何故か同じ所に引っ掛けてあった黒色の方が1,000円高い値段がついていたのでこっちを選択(レシーバ付きだったのかな?)。だが買ったのはすでに数週間前。カバンにいれたままにして開けたのはつい数日前だったりする。私は買って満足するタイプなのでそんなもん。

 まずはEeePCの方を説明書見ながら設定。別途ドライバをインストールすることなく、あっけなく認識。動かすとポインタの軌跡が速すぎたので、プロパティで微調整していい感じに。コードレスマウスって初めて使ったけど、これっていいかも。単4電池2個分マウスが重くても、コードの引きずり抵抗がない分、軽くて快適。光学だけにマウスパッドは選ぶけど、遅延や飛びは感じられない。

 今度はiBook。こっちも適当に操作して簡単に認識。こっちも初回はやたらにマウスの動きが速いので調整して完了。Macの場合、右ボタンの代わりにControlキーを押しながら裏メニューを出すのだが、Windowsと同様に右クリックが使えて便利になった。いや、私はあまり使わないけれど。

 2台が認識できたということは、同時に操作できるのかなとEeePCとiBook両方の電源を入れてみた。だが最初に通信した方しか操作できないみたい。マウスの電源ON/OFFすれば十数秒で別のPCと切り替わり、ドライバを再認識させる手順も必要ない模様。この辺が懸念材料だったけど、EeePCとiBook2台で兼用できるのでよかった。

 だが、最近になってスクロールホイールがキイキイ鳴りだしてきた。周囲が騒がしければ気にならないが、自宅で夜中に使っていると結構耳障り。発泡スチロールをこすり合わせて鳴る音の周波数帯に近いので、小さな音だけど神経に来る。迷わず裏側のヘックスネジ2本を緩めて、ホイールの軸部分をグリスアップ。滑りも良くなって音鳴りが消えた。ふへう。

 あとは電池がどれくらい持つのか、それが気になるところ。あまり減りが早いようなら単4のエネループを買おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)