憧れのバンカーズランプ

古き佳き時代な感じアメリカの映画・ドラマで、弁護士事務所とかクラシカルなオフィスの机に置いてある緑のスタンド。前々から気にはなっていたが、最近になって急に欲しくなってつい買ってしまった。バンカーズランプ。まだロクに部屋も片付いていないのに。

最近なぜか通販で失敗続きで、Amazon でこれと別の安いのを注文したら、到着時にガラスの傘が割れて届いてきた。電話サポートにかけたらマーケットプレイスなので代品は送れないとのことなので返品。金メッキの質感もイマイチだったし、ならばと思ってもうちょっと高いのを発注。

中国の深センから直送で1週間ぐらいかけて本日届いたのだが、テープベタベタの汚ない段ボールでイヤな予感。開けたらガックリ、プラグの形状が違うやん。調べてみると金属棒の部分が4㎜径なのでCタイプというモノらしい。あー、また失敗した!
Cタイププラグ 変換プラグ 断面もピッタリ
また返品するのも面倒なので近所の家電量販店に行って変換プラグを購入し装着。うん、ジャストフィット。

これでバッチリ点灯するかと思えば、添付の電球が異様に暗い。金具部分には120V40Wとあるが、電圧が足りないせいもあってか、たぶん15W相当の明るさしかないと思う。さすが中国クオリティ、こうでなくっちゃ。
付属の120V40W球 雰囲気はあるが暗い
でも実は前回の返品したランプと一緒にLED電球も購入していたから問題なし。発光するダイオード部がフィラメントのようにタテに4列配置してある、ガチにリアルな「電球」。光らせると裸電球と区別つかない。でも傘に隠れるし、直接見ると目が痛いのであんまり意味はなかったかも。
遠目ではわからない 雰囲気も明るさもバッチグー
とりあえずこの灯りだけで今PCに向かっているが、小説家にでもなった気分。ヴァイオリン弾くときも楽譜を照らすと雰囲気が出てノリノリになる。

でも残念なのは、傘側にあるはずの金属チェーンのプルスイッチがなくて、コードの途中についている樹脂製のダサいスイッチで電気を入切するところ。ていうか、今商品写真見直してみたけれど、これもしかして商品違わなくない? でももう面倒だからこれでいいや。もう。

失敗が続いているからしばらく通販控えよう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)