くぱあ

たまーには痛い話でも。

昨日は24時間勤務でヒマこいていたので、会社のエアコンの防塵フィルターを洗浄していた。金属製のバカでかい、車のラジエータのような代物。浴室で洗剤つけてシャワーで流しただけでコールタール状の汚れがみるみる浮かんでくる。どうやらこの営業所が開設して以来、誰もいじっていない魔窟だったようだ。洗っているうちに指先がヒリヒリするので洗剤荒れしたかなと思っていたのだが、ふと持ち上げたらグサッとした感触。「ひい」と指を離したら血がボタボタと垂れ落ちていた。ななななな、なんだこりゃあ?(松田優作の声マネで

この金属製フィルターは電圧をかけて集塵するもので、内部にステンレスの薄板が何層も放熱板の様に並べてある。どうやらそこがカミソリのように尖っていたようだ。表面に保護網をかぶせて油断させて、そのスキマからそいつらは私の指を無数に切り刻んでいたのだ。いたい、いたああいいぃっ。

で、夜勤明けて今日はヴァイオリンのレッスンだったのだが、絆創膏を貼った指で弦を押さえても、ちょうど傷口にジャストフィット、センターインで真ん中吸収。右手も左手もいたいいたいいたい。やむなく今日はキャンセルさせてもらった。

3時前まで惰眠をむさぼっても指がヒリヒリと痛むので、ここは最後の手段。アロンアルファで傷口を塞いでみた。昔、モデルグラフィックスだかに載っていたと思うが、カッターなどで細かい造形をするモデラーや原型師たちには常識らしい。

持っていたのは木工用だったが気にせず傷口にボタッと垂らし、両脇からギュッと傷口を押さえてしばらく待つ。そうするとアラ不思議、パクパクしていた傷口が固定され、指先を動かしても痛みがなくなった。その調子で両手の指先のズタズタしたところに数滴垂らしては固め、アロンアルファがはみ出してガサガサしてしまったところはカッターやハサミ、ヤスリで整えてツルツルに。数分後にはすっかり痛みが引いていた。皿洗いをしても浸みなくなってバッチリ。

で、調子に乗ってヴィオラをいじってみたら弦にジャストミートでやっぱりいたい、いたいいいいぃぃぃっ。ていうか待てよ? 人差し指に力こめすぎな気がするぞ? 試しに痛くない程度に力を加減して弾いてみると、いつもより運指が軽くできるようになったじゃないの。災い転じて福となす。もしかするとこれは音楽の神が私に与えた試練だったのかもしれない。そんな我ながら阿呆なポジティブシンキング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)