旧友

 先週の話。ひさびさにアキバで、ひさびさびさの友人と会食。その話。

 4年ほど前だろうか、いわゆる同人仲間というか一緒によく飲みに行ったり遊んだりした同人サークルの友人がいるのだが、今後の同人活動について意見の相違というかそれ以前の問題なのだが、それが原因で国交断絶状態にあった。別に面と向かって言い争いをしたわけでもなく、まあむしろそれがないことに腹を立ててたこともあるのだが、数年連絡も取らずに冷戦状態にあった。

  mezzo はすぐに誰とでも仲良くなるが、逆に冷めやすくもある。いわゆる調子のイイ奴なのだがガンコなところもある。何かのキッカケですぐに「絶交だー!」と言い出すが、翌週にはそんなことを言ったことすら忘れてたりもする。いわゆる気分屋で周囲を振り回すタイプ。行事とかあると仕切りたがりで、実行力がハンパじゃないので友人にすると楽しかったり疲れたりするだろうと自分でも思う。そこのサークルでも「軟化合宿」と称して軽井沢の別荘でひたすら食って飲んで寝るだけの会を企画したり、「遠足」と称してマイクロバス借りて運転して伊豆に行くとか、最近では匿名掲示板のオフ会を仕切るとか、まあ遊ぶことにかけてはバカみたいにエネルギーを費やす。ただ持続力と執着心が致命的なほどない。短距離ランナーというか、瞬間湯沸かし器というか。

 付き合いが長いので友人もそれを承知していて、その冷戦状態の友人も「しばらく間を空けておいたほうがいいだろう」という判断で連絡を取らなかったそうだ。今回、中学以来の共通の旧友が、双方で連絡を取り合って取り持ってくれたという訳。私も「執着しない」とはいえ、気にならなかったわけではないので今回のセッティングは実にありがたかった。万世橋の「肉の万世」本店の5階(上に行くほど高級らしいが、庶民は5階止まり)でハンバーグをムシャムシャしながらそんな経緯を話してすっかり元のサヤ(ていうか元々ケンカ別れしたわけじゃないが)に収まった。

 まあそれについてはいいとして、久々に話を聞くと連絡を取り合わなかった数年の間、様々な出来事が起こっていた。ここに書くことではないので内容については触れないが、かなり友人たちもヘヴィーな状況にあることを知る。それに対して自分が何かできるわけでないが、こういった機会がなければ知ることもないし、独りで悩んでしまって最悪の事態になることもないと思う。事実、私も助けられたことがあるし。親兄弟にも話せないことを話せる友人がいるというのは心強いと私は思う。相手はどう思っているかわからないけど。

 早めに帰路についた友人を見送って、残った友人と少しダラダラと居酒屋で管を巻く。年を取ると健康や病気の話になるというが、ここも例外ではなかった。別に話したからといって病気が治るわけではない。人から見れば無駄話なのだろうが、無駄のない生活なんて息苦しくて仕方ない。こういう時間があるから他の時間を頑張れるのだ。名残惜しいが次の予定もあったので私も早めに帰路に着いた。

 上下関係や様々なしがらみがなくても、人と付き合うのは非常に面倒くさい。だが損得勘定を抜きにして、この社会で生きていく上で人とのつながりは大事だと思う。帰路の電車に揺られながら「いやぁ、友情ってホント、いいもんですよねぇ」などと思ったりして。

 で、次の予定は運営中の掲示板プログラムの致命的なバグ取りのつもりだったのだが、急きょ変更してまた別の旧友に会うことに。友情のハシゴだな…

「旧友」への2件のフィードバック

  1. まあキミのブログにはかなわんが…まるでこちらは文学的じゃないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)