無線マウスだらけ

昔はマウスに無線なんて・・・と思っていたが、一度使うと有線マウスのケーブルがトコトンうざくなる。電池が入る分重量は増すがケーブルの引きずり抵抗がなくなるし、何より取り回しがラクだ。こないだ数年EeePC用に使っていたBluetoothマウスが壊れたので、こないだのアキバ散策で激安のBluetoothマウスを買って来た。

Bluetoothのマウスはイマイチ値段がこなれないのだが、さすがアキバ。型遅れのマウスが1K円前後で買えた。TWOTOPでソフトバンク SB-MO02-BTOP(980円・画像上)、じゃんぱらでプラネックス BT-MS01-SSF(1,480円・画像左下)をゲット。試しに Windows 7 64bit のメインマシンでペアリングしたら遅延がすごくて使い物にならなかったのだが、本来使うつもりだったXPのサブマシンとEeePCに使ったら何の問題もなく使えた。64bitってBluetoothの相性が悪いのかしらん。

プラネックスのは単4電池2個、ソフトバンクは単3電池2個を使うのだが、やはり単3は重い。前から使っているロジクール(画像右下)は単3が1本なので比べると重さが倍近く感じる。でもFPSみたいなことはしないで主にDTPやDAWで使うから、狙ったところにピクセル単位でピタッと止まる方がいいので重さは気にならない。プラネックスは前に使っていたものとサイズも使用感も同じなのでEeePCで使うことに。それぞれマウスのプロパティでポイントの速度を調整していい感触に。

と、思っていたが次にサブマシンの電源を入れてソフトバンクマウスを使ったら遅延がひどくて使い物にならなくなった。どうやら同時に使っているBluetoothキーボードか無線LANのせいかわからないが混線を起こしているらしい。他のマシンでは使えたりするので相性かもしれない。仕方ないので予備として持っておくことにする。

Bluetoothマウスはこまめに電源切れば数ヶ月は持つけど、非Bluetooth無線マウスより電力消費が大きい(その分電池が大きくなる)。それに何故か相性不良が出やすく、PC本体や環境によって当たりハズレが大きい。その点あまりオススメはできないけれど、使うと手放せなくなるからもどかしい。

マウスはPCを操作するために手で触れるもの。感触や操作性が悪いとそれだけでテンションが下がるし作業性も落ちる。今のところ使っていて一番良いのはロジクール。狙ったところに遅延なくピタッと決まる。動きが速くシビアな動きを要求するFPSゲームユーザーに人気なのがわかる気がする。私は長年ロジテックと混同してたけれど。というかFPSだのFTPだのDTPだのDAWだの、コンピューター用語は混同しやすい言葉が多すぎる・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)