肉みきれない、ろくでなし

こないだ流山に行ったついでにインどり屋へ寄った。そうから揚げLサイズ14個1,000円を作ってもらう間、店内で待っていたらから揚げの専門雑誌が置いてあった。フセンの挟んであるページを見るとこの店が載っていて、店名の由来は元競輪選手の店主が「インを取る(内側にショートカットして相手を追い抜く)」から来ていると書いてあった。10分ほど待って揚げたてのできあがり。店を出てバイクにまたがる前にその場で2、3個パクリ。クゥーッ、五臓六腑に染み渡らぁ。
  
CB400SFのシート下のボックスにスポッと入れて速攻帰ろうと思っていたのだけれど、途中でガマンできずに吉野家へ寄ってしまった。こないだ発売開始した焼味豚丼、以前から食べてみたかったので。付け合せのコールスローがカウンターのショーケースに入れてある例の別売りサラダ(白菜漬けみたいな香りのやつ)を使い回しなのね。ちょっと酸味のあるところがザワークラウトみたい。ジャガイモでもあればアインス・ツヴァイ・ドライ(ドイツ語はこれぐらいしか知らん)とドイツ料理っぽいかも。いや、多分全然違うし本場の食べたことないけれど。

はあ、肉食って満足満足。と思っていたけれど、帰宅して妹に少しだけ唐揚げを分けた後、すぐに残り全部食ってしまった。なんだろう、このいけない事をしてしまったような罪悪感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)