ツーリング その3

 ツーリング前日、会社の人にダムに行くことをうっかり漏らしたら、小鹿野にバイクの博物館があるとの情報を聞きつけた。バイクの森おがの。サイトを確認したら先日ロードレース大会が開かれたばっかりだったみたい。ううん、残念。でも温泉も併設しているというじゃないか。これは立ち寄らねばなるまい。

 埼玉県小鹿野町は昔からライダーがよく立ち寄る場所で有名とのこと(埼玉県人だけど知らんかった)。最近は町おこしとして町全体でバイクに力を入れているらしい。今回はあまり時間が取れないので、バイクミュージアムだけを目当てに寄り道。浦山ダムや秩父市街からもそんなに遠くなく、ライダー歓迎&「安全に走ってね」的な看板を何本か通り過ぎた先で発見。

 中世のお城のようなたたずまい。入場料1000円。バイク用品とかも割と手ごろな値段で売ってたので、在庫処分の皮手袋2000円も買ってしまった。私は旅のマナーとして、なるべく立ち寄ったところでお金を落とすようにしている。トイレ借りたらそこで缶コーヒーを買うとか、つつましい使い方だけどね。


陸の王者のお出迎え

Lツインじゃないモトグッチ

ヴィクトリアだって

 期待しないで来たのに名車珍車ばかりでお腹一杯。和製ハーレーダビッドソンの陸王や、ハーレーもショベルヘッドやパンヘッドも。聞いたことのないメーカーのものもいっぱいあったし。OHV好きにはたまらん。何よりもヴィンセントがあったのがウレシイ。このバイク、55年以上前に時速200キロ以上出した化け物なんだぜ! このまま乗って帰りたい。うう、たまらん。


貴族のバイク、ヘスケス

うはー、ヴィンセントだぁ!

もうね、藝術の域

 海外のバイク中心で、もはや個人所有などできない「博物館」レベルが百数十台。もうカンベンしてください。他の客が素通りする中、ヴィンセントの前で10分以上半笑いで激写していたのは言うまでもない。欠点はといえば博物館級過ぎて、若いライダーには全くこの価値がわからないぐらいであろうか。ていうか新しいものなど赤男爵で見れるだろ。


ランボールギーニのバイク?

メグロだー♪

お漏らしは猫トイレで

 もうね、メカ好きにはたまらん

 で、鼻水が出るほど名車をたんのーした後、その下の階の般若の湯という温泉にも入った(入浴料600円)。ていうか入口脇になんですか、このメッサーシュミット。隣にはシートを被せたあったがクラウザー・ドマーニと思しきタイヤが裾から見えるし。マニアでもない私をどれだけ翻弄させれば気が済むのか、小鹿野町。


ビモータの例の前輪

俺を萌え死にさせる気かっ

年寄りにはキツイ

 シビレた足を湯船でグリグリし、ミッキー・カーチスみたいな地元のおじいさんと露天風呂で談笑。風呂上がりに脇腹に手を当て、牛乳一気飲みはお約束。すぐ隣に高級な感じのレストランがあり、立て看板に小鹿野名物「わらじカツ丼(800円)」を見つけたので早めの夕食。午後5時前と時間が早すぎて貸切状態。ワイングラスで水を飲み、グランドピアノと英車ノートンに囲まれて丼をかき込む違和感。カツは5ミリ厚の豚カツが甘辛タレで2枚乗っかってて、若い頃ならたまんない味だったかもと思いつつ完食。

 走行距離測るの忘れてたけど、大体往復150キロ/5時間弱だったかな。帰ってきたら手はビリビリ、足もジンジン。明けて今日は腰がしばらく痛かった。ちゃんと鍛えないとね、カラダ。何はともあれ、ノントラブル。初ツーリングお疲れですた>SRX-4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)