プロジェクトV

♪かっぜのなっかーのす~ばる~ すっなーのっなっかーのぎ~んが~
「今日、男たちの新たなる挑戦が始まった…」

 とか何かのパクリな感じからこんばんは。本日、ヴァイオリン教室を決めてきた。今年決めた私のキーワード「チャレンジ」は忘れていないのだ。

 以前から再開しようと思ってすでに十数年、その間にちまちまと自己流でいじってはいたが、もう限界。というか緊張感とかないから全然練習に身が入らない。月謝払って先生につけば否応がなしに練習に身が入るだろうという他力本願。

 で、決意してネットで検索するがなかなかいい教室が見つからない。何せ評判とかわからないし。とりあえず近隣の3件に電話かけてみる。1件目は生徒募集していないと断られ、2件目は本格過ぎて月謝が高い。

 3度目の正直で隣町の教室が月謝も手ごろだったのでそこへ見学に。背中にヴァイオリン担いでSRXにまたがり、最近開通した新道を真っ直ぐ走って15分。マンションの一室に上がって他の生徒さんのレッスンを2人立て続けに観察してきた。お二人とも緊張してギーコギーコギシギシ。私とそんなにレベルが変わらないので一安心。

 その後、先生と色々と話をして、私の習いたい事と先生の指導方針が一致していたので即決。そんなわけで来週から通うことに。

「プロジェクトV」への4件のフィードバック

  1. 芸というよりも興味があちこちに飛んで節操がないだけですけどね。

  2. >最近開通した新道
    カラダ張っても建設阻止せなアカンかったんやけッ!!
    ヽ(* `д´)ノ

  3. 君は私のキャラクターをなんか勘違いしてないだろうか?
    mezzoはいたって人畜無害な男ですゾ?

kg へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)