The 2016 Distinguished Gentleman’s Ride 参加レポ

トライアンフジャパンの方のスラクストンにはヒゲステッカーが先日9/25、千葉・幕張で行われた、ジェントルマンズ・ライド(The Distinguished Gentleman’s Ride)に参加してきた。

ジェントルマンズ・ライド(DGR)とは、世界中で同日に行われるバイクのチャリティーイベント。上品な(Distinguished)格好でバイクにまたがり、街中を紳士的に走り、バイク=不良の乗り物というイメージを払拭しつつ、イベントで集めた寄付金を前立腺がんや自殺の予防にあてるとのこと。今回は日本で初開催されるとネットのニュースで知り、面白そうだと思って参加したくなった。

しかし、事前のエントリーが必要とのことでホームページに行ったら全部英語。義務教育で3年、高校で3年と6年+α習ったはずなのに、何ひとつしゃべれない日本の素晴らしい英語教育のおかげでハードルはかなり高い。サイトの注意書きを全部読むのはあきらめ、とりあえず寄付はぜずにエントリーだけ何とか済ませた。
開店前のひっそりとしたコストコ前に集まる紳士たち 70台以上集まったそう 蛍光カラーのジャケットはGLで先導してくれた運営の方
前夜まで小雨がパラついたりしていたが、当日は予報通りの曇りのち晴れ。この日のために買った三つ揃えのスーツにネクタイを締めペケジェーで出発。参加はしないが横から見ると言うもっちゃんと集合時間30分前に待ち合わせ、割と早めに集合場所のコストコに到着。
MVアグスタ ホンダドリームCB250エクスポート 新しめのバイクも
トライアンフが協賛しているのもあってスラクストンとか新旧ボンネビルなどトラ多めだけれど、それらも含めて続々と集まってくるバイクがまあすんごいこと。国内外の名車やカスタムバイクがズラリ。MVアグスタだのアエルマッキなんて博物館級かも。数十年前のバイクでも自走してくるところがステキ。
縦置きVツイン! モトグッチ ルマン ホンダCB750FOUR-II ホンダドリームCB450かな?
それに皆さんツイードジャケットやハンチング、タキシードや蝶ネクタイ、リーマンスーツなど、思い思いの格好でキメキメ。DGRのサイトに参加資格とかあったけれど、飛び入り参加もOKっぽいし、集合時の出欠確認やドレスコードとかもなく結構ユルユル。ノリだけでOK、さすが外国発のイベント。
ルーカスのテールランプがシブい1970年代くらいのトラ? 目いっぱいカスタムしたトライアンフ スラクストン ハンドル絞りすぎイッ
BMW R850 GS かな? 大型車だらけ ユニオンジャック仕様のトラ
今回は日本のオーガナイザー(主催者)の方が急きょ欠席ということで、ホンダ・ゴールドウィングに乗ってきた日本人の方が数日前に代役を務めることになったそう。トライアンフ・ジャパンの方からのごあいさつやボランティアの選任、コースやルール(制限速度を守る、空ぶかしはしない等の紳士的な行動)の説明があり、ステッカー争奪ジャンケン大会などしている間に他の関係者(外国人の方)が到着。ていうかすでに出発時間なのにルーズだな。
50~60年代のトライアンフ ボンネビル T120 乾式クラッチでシャリシャリのアエルマッキ トライアンフ スクランブラー 軍用車仕様?
ヒップがグラマラスなスラクストン 東京阿佐ヶ谷のアンティークスカフェさんのカワサキW650 70年代ぐらい? ベスパスプリント
参加台数が70台以上となったため、2グループに分けて出発。一斉にエンジンがかかると結構な爆音。全然ジェントルじゃない。最初の目的地である千葉ポートタワー駐車場へ。
主催の方のホンダゴールドウィング でかい! ちょっとした品評会 ロイヤルエンフィールド アイアンかな
街中をジェントルな格好で走るバイク集団は注目度抜群。同行の記者やカメラマンの方にバシバシ写真撮られたりして、ちょっといい気分。途中、何も知らずに原チャで走っていた青年がいたのだが、突然後ろから大型バイク集団に取り囲まれてビビっていたのがちょっと可哀そうだったかも。
チョイ悪な爆音 マーニ こうして見ると壮観! 制限速度と信号は守ります
特に混乱もなくポートタワーに到着。ところがここでトラブル発生。事前にオーガナイザーの方が下見はしていたそうだが、この日は駐車場が満車状態で大混乱。どうやらレアポケモンが出るらしくポケモンGOのトレーナーで人があふれていて、警察まで出動していた。仕方なく障がい者用駐車場に止めるも公園管理者側から物言いがつき、10分だけという約束で駐車。ゆっくりと歓談・休憩する間もなく集合写真を撮ってから再出発。
普通じゃないバイクだらけ あのロイヤルエンフィールドがインジェクション? ブリット500EFI 奥の人混みはポケモントレーナーらしい
だんだん気温も上がってきて、普段走り慣れないペースで走るものだから、ちょこまかエンジントラブルが発生していた模様。私のペケジェーも空冷なので交差点の渋滞で油温が上がり過ぎてストールしたし。バイクってホント不便。だがそれがいい。
人のバイクも気になるが、自分のバイクの調子も気になる 終始笑顔で和やかなレディス&ジェントルマン 警察も来ていた(左上)
もっちゃんによるとSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)の関係者の方も来ていたようで、もしかすると業界の有名人とかいっぱいいたのかも。
みなさんオシャレ あまりゆっくりできず、パシャパシャ撮影 ロケットカウルのトラ
ポートタワーを慌ただしく出発し、国道357号などを経由してゴールの稲毛浅間神社へ。DGRではコースが25km以内と決められているそうで、距離的にはそんなに走っていないけれど、ゆっくり走った分、それ以上に長く走った気がする。
再出発! ゴールの稲毛神社に到着 参拝客に割り込むバイク集団
駐車場には七五三の準備なのか和服の子供連れのファミリーもいたりしたが、その平和を壊すかのように大勢のバイクがゾロゾロと集合。でも警備員の方々がジェントルに誘導してくれたのでトラブルなし。無事全員がゴールしたところで、日本初のDGRが事故もなく無事終了したこと、来年への反省と再集合を誓い、拍手で終了。ゆっくり談笑できるスペースではないのであっさりとした解散だったが、愉しいツーリングだった。

この後もっちゃんと千葉を軽く流すことにしていたので、神社の参拝を済ませたらすぐ現場を後にしてしまったが、来年もまた参加したいなぁ。今度はちゃんともっちゃんもネクタイ締めて参加しような。
場所が場所なのであっさり解散 駐車代代わりにお賽銭はしてきた 稲毛浅間神社到着
帰宅後に寄付金をクレカで払おうと、DGRのサイトに入って100ドルを選択して決済したら、なぜか表示は76ドルに。サイトのほとんどは米ドルで表示しているのに、決済は100豪ドルだったらしい。全部英語だしやっぱりわかりにくい。
デブはやはりバイクが似合わないなぁ目的とか目標はともかく、やはりこうしたイベントは面白い。何にせよ、参加された皆様、オーガナイザーやスポンサーの方々、お疲れ様でした。

※一応ナンバープレートだけモザイク処理しておきましたが、参加者の方々で顔出しNGなどの問題があるようでしたら、該当写真を消しますのでコメント欄に書き込むか、こちらにご連絡よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)