カレーなる日々だっちゃ

 今年の目標はチャレンジなので、思いついたらすぐに実行しようと思っている。比喩的にも肉体的にも病理的にも腰が重い人なので、「あとで」などと思ったらいつまでも実行できない。

 で、昨日は数年前から気になっている近所のインド料理店ラムじいさんのインドカレー(上尾支店:埼玉県上尾市谷津2-4-3)の存在を思い出したので行ったみることに。土日だとランチメニューじゃない分、お得じゃないけど、今行きたいと思ったんだから仕方ない。午前中はウダウダしていたのでSRXで2時過ぎぐらいに到着。

 場所は上尾駅の近くではあるが、細い一方通行の住宅街の入り組んだ路地の奥。「隠れ家的」ってやつだね。店に入ると大画面テレビにインドのポピュラーミュージックのPVと音楽が流れ、内装も暑苦しいほどこれでもかとインド。エアコン効いてて涼しいけど。

 インド人に「イラッシャイムァーセ」と出迎えられ、金属製のピッチャーとコップで水が出て、セットメニュー(1,660円)でマトンカレー(中辛)を注文。土日はドリンクサービスとのことでラッシーを選択。待っていると厨房の方からペッチャペッチャとリズムカルにナンを延ばす音が聞こえてきた。ラッシーは氷が入ってたけど冷えてなかったのでちょっと冷えるのを待って飲んだ。酸味が少なめでミルキーな感じ。おいしい。

 「オ待トゥアーセシマシター」と出てきたのは巨大ナンが乗っかった金属製のお盆。手でちぎろうとしたらアチいアチい。なんとかちぎって小さい椀に入ったカレーをつけて頬張る。ンマーイ。羊肉のクセもなく、飛びぬけたスパイスの刺激もなく意外にマイルド。ナンも焼きたての香ばしさともっちり感がたまらん。セット内容はナンの下にサフランライス、ケバブ(棒状の肉)、タンドリーチキン、コールスローサラダ。それぞれ見た目はクセがあり美味そうに見えないが、食べてみると洗練された上品な味。ゥンマーイ。

 フォークやスプーンも用意されているが、ほとんど手づかみでわしわし食べてると、店員が来て

 「ルァーストゥ・ゥオーダーヌィ、ヌァーリマスグァ?」

と、早口で呪文のようなヒンディー語を言われる。「え?」って聞き返したらなんだ「ラストオーダーになりますが?」って言ってたのか。「3時半ニ閉店ニヌァリマース」とのこと。ランチタイムももう終わりで客も私以外に女性客一人を残すのみだったし。米粒ひとつ残さず完食。うはー、充実すぎるランチだった。

 帰り際に「食ベルノ早イデスネ」と余計なことを笑顔で言われ、「美味シカッタデスカ?」と聞かれたので「美味しかったです」と答えると嬉しそうな笑顔を浮かべていた。「ムァータ、オ願イシマース」と言われ気持ちよく店を出た。バイクのグローブはめようとしたら、手づかみで食ってたせいで指の間にカレーがついていた。仕方なく舐めてからはめた。今度はちゃんと手を洗ってから店を出よう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)