熱中時代

 本日は夜勤上がりに3時間寝てから屋根の作業。6月だというのに何なの? この暑さ。屋根がカンカンに焼けてるよ。アッチィアッチィ、ヒューヒューだよ(古いな)。でもこないだ下塗りの防サビ塗ったところは触れなくもない温度。どうやら塗装1枚分だけでもかなりの遮熱効果がある模様。今日はネットで注文したアサヒペンの遮熱塗料専用シーラー10Lも届いたし。今年の夏は涼しく過ごせそうな予感。

 で、ふと気づくと、というかあえて見えないことにしておきたかったのだが、なんか2ヶ所で木の枝が物凄く茂っている。完全に2方向の角を広範囲にふさいでしまっている。木の枝はよけて塗ってしまおうかという考えが一瞬チラリと浮かんだが、やはりここは後々のことを考えてやらねばなるまい。

 剪定バサミのサビサビのやつを見つけたので、とりあえずそれで刈り始めてみたが、案の定まったく切れない。隣の保育園の木なんか枝っていうか、この太さは幹のレベルじゃないか? 最大で7センチ径の枝を落とさない限り、どうもダメだ。これまたサビサビのノコギリを探し出してギコギコ。くそー何なんだ頭来る。ていうか頭がクラクラする。あれ? なんらかおかしいりょ?

 …そう、熱中症になってしまった。とりあえず落ち着いたところで下に降りて水をガブ飲み。家の中ってなんでこんな涼しいの? ていうか上からの熱をボロながら遮熱している屋根ハンパねえ。すげーよ屋根。

 何度か水分補給を繰り返しながら枝を落とし、何とか作業スペース確保。結局、軽トラック1台分ぐらいの枝を切るのと、サビのひどいコーナー部分にサビ止め塗って本日の作業終了。パッと見渡したが見た目全然進んでないじゃん! 下地塗料(シーラー)もまだ塗ってないぞ?

 果たして夏までに間に合うのか…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)