発掘

 なんだかニートなぬこ日記になりそうな雰囲気なので、本来書くつもりだったことに方向転換。

 ウチの母は食品管理がまるでなっていない。そのせいで食中毒になったことも数回。数日前から冷蔵庫の中が酸えた臭いになっていたのだが、今朝私が棚の奥でポン酢醤油が横倒しになっているのを発見。もちろんポケットを外すと滴るほどの大惨事。朝から大掃除するも母は「はははーこれかー」と笑うだけで手を出そうともしない。今も台所で3日前のカレーが何か腐臭漂わせているし。こんな人がパートで人様の食事作っているのが信じられない。

 で、こないだ食品棚を開けてみたらこんなものを発見。えーと、96年製造って…12年ものかいっ! 賞味期限ですら11年以上経過。最近なかった最大のヒット。さすが普段私がチェックすることのない魔窟だけに何が潜んでいるかわからない。

 缶詰なので膨らんでなければ大丈夫だろうと、冷蔵庫で冷やしてから恐る恐る開けてみた。食ってみたが不味い以外は特に異常なし。なんていうか風味が飛んでるっていうか、ゼラチンが凝固を拒否して分解しかけてるっていうか。でも食えないって程でもなかったので完食。今のところお腹は大丈夫。

 スペースが余ったのでぬこ写真も追加。次回は多分、またぬこです。

追伸:なんか腐臭を漂わせている鍋のカレー「だった」ものは、開けてみたら糸を引いていた。母、何もしないので私が廃棄処分と洗浄を担当。誰かこの人をどうにかしてください…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)