追われる身

切羽詰まっている訳ではないが、色々なことに追われている。この歳になると本来仕事に忙殺されて然るべきなのだろうが、万年ヒラなのでそっちはお気楽だったりする。何せこのブログはほぼ職場で書いているぐらいだし。ならば何に追われているかというと、趣味の方だったりするのだから我ながらふざけた人生を送っているものだ。

ヴァイオリンの発表会が7月末に決まり、課題曲がさらに昨日1曲増えた。ヴィオラでほとんどバックの刻み(主旋律のコード弾き)なので難易度は高くないが、まったく初めての曲なので一から覚えないとならない。これで去年サボった全体合奏曲も合わせ計4曲演奏することになった。ヴィオラで2曲ヴァイオリンで2曲。それぞれ合奏とソロ。まだ3ヶ月あるが1曲がハンパなく難易度が高いので本気で練習しないと間に合わない。でも大して弾かなくても季節の変わり目で昔脱臼した肩が痛むので、ほぼ毎日湿布を貼っているような状態。

そして去年からずっと引きずっている同人。元絵16種類で差分合わせて計57枚の絵を描くのだがまだ15枚が手付かず。最近集中力が上がって描画スピードも上がっているが、描き始めると自制が利かなくなるので用事などのタイムリミットがないと自分でペンタブを止めることができない。だから描いたあとの反動がすごく、12時間連続で描いたら1日寝込むみたいな感じになる。睡眠と食事は削っていないから倒れることはないが、もうろうとしながら机に向かっている状態。

とはいえ両方とも手を抜いたところで自分の趣味なのでほとんど周囲に影響はない。これらがコケても私一人が泣くだけ。私自身が自分を追い詰めているだけで誰も私を追いかけている人間は存在しない。しかし姿は見えないのに自分のことを何でも知っている追跡者が一番怖い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)