VT復活!

 今日は配達員の呼び鈴に起こされて起床。ようやくヤフオクにて入手したメイン&タンクキーセット(送料込4,000円)がエクスパックで届いた模様。出品者によるとタンクのキーは単体で抜けないようになっており、タンクにセットすると抜ける構造とのこと。試しに合うかどうか目覚めきってない頭で確認。VT250Fインテグラのものなので、間違いないとは思ってたがピッタリ。寝直してから作業しようかと思ったが、いじりだすと止まらなくなって一気に組み上げ。

 どこかの馬鹿ガキの盗難のヒントになるので、取り付け手順はここでは省き作業完了。十数本あったネジは一つも余らなかったから多分大丈夫。エンジンも動くことを確認。ネンオシャチエブクトウバシメ料・イル・輪・ェーン・ンジン・レーキ・ラッチ・火類・ッテリー・締め付け)の順で点検を始める。ん? 何かおかしい…

 よく見たらクラッチレバーがポッキリ折れている。コンチクショー。どうやらエンジンかけようと引っ張り出して立ちゴケしたらしい。道理で盗難未遂直後にギヤが1速に入ったままで、ペダルに泥がついていたわけだ。恐らく盗もうとしたヤツも多少怪我もしたんじゃなかろうか。その傷から破傷風菌とサルモネア菌とブドウ球菌が入って2週間高熱と悪夢にうなされながら足から腐って●ねばいいのに。でも倒れたまま放置しなかったから、それは許してやろう。

 レバー以外は特に問題ない様子。このままにしておくのもイヤなので小雨の降る中、VTの試運転も兼ねてバイクショップへ。まずはクラッチレバーを探してみるが、適応表を見ると「VT250F」がない。ふっふっふ、そんなこともあろうかと出発前にあらかじめネットで調べておいたのだ。GB250クラブマンのレバーはこれだから、と…ゲーッ!(ゆで風)なんかカタチからして全然違うじゃん…

 こういうときはネットではなく、自分の目を信じるのが一番。バイクショップの駐輪場で工具を取り出し、その場でバラして現物を持って再入店。数十種類のレバーとを睨み続けること十数分。どうやらCB1000SF/T2用のレバーがシャフトの位置からしてドンピシャのようだ。VTにはなかったクリアランス調整用ネジとかついてるけど、それ以外は形状が一緒なので問題なかろう。まずは1本2,760円(高ッ)の会計を済ませ、すぐに自分で取り付けてみた。うん、ピッタリ。ついでなので自分で以前立ちゴケして曲げたブレーキレバーも外して現物合わせ。今度はFORZA・ナイトフォーク250用が合う模様。また1本だけレジで970円(安ッ)を払って取り付け。そんな入ったり出たりと不審がられたのか整備の店員さんが声かけてきたけど、親切にクラッチレバーは改良品だと教えてくれた。しかし左右でレバーの値段が3倍近い開きがあるのはすごいな、ホンダ。まあ前よりカッコ良くなったので良し。

 4度目の入店で今度はセキュリティロックを探す。いや、本当は一度で買い物済ませたいのだけれど、レバーの脱着で手が真っ黒になって手を洗うのに駐輪場に戻ったりしたので。結局今日はバイクショップの階段を5往復。

 ネットで検索して目星をつけていたのがニューイング製「スーパーセキュリティー バイクロックキーII」(4,252円、製品名長ッ)である。鍵穴に挿して鍵穴自体をロックして、イタズラを防ぐというもの。高いバイクならU字ロックで柱や地面に固定する方が安全だが、このオンボロバイクを盗もうと考えるヤツはドライバーでお手軽にバイク盗んで乗り回したいだけの、技術も頭もない珍走中高生or10代ニート。こうしておけばまた鍵穴を壊されることはあるまい。

 いや、正直言うとバイクに触ると高圧電流が流れたり、竹ヤリもやっとボールが落ちてきたり、チェーンソーで足が切断されたり、ピアノ線で首が吊るされるとか、バイクもろとも木っ端微塵に爆発する仕掛けとか作りたいけど、まあ今日はこれくらいでカンベンしてやろう…

「VT復活!」への2件のフィードバック

  1. >高圧電流
    こち亀でありましたね。
    難点は雨が降ると周囲一体が感電する点だとか。
    とりあえずマイナスドライバーで盗もうとして盗めなくて腹いせにタイヤをパンクさせて脱兎の如く。

  2. > タイヤをパンクさせて脱兎の如く
    なんだとー。
    アシドフィルス菌とフェーカリス菌バラまくぞ、ゴルァ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)