CB400SFにシガーソケット

先日の奥多摩ツーリングでHTC EVOをナビ代わりに使ったのだが、やはりスマホはバッテリーが持たない。なのでこないだ試験が終わった帰りにバイク用品店に寄ってシガーソケットを買ってきた。

バイクは雨風が当たるためホームセンターにあるようなエーモンのやつでは心もとない。なのでニューイングDCstationを買った。他に1つ穴のもの(値段一緒)とUSB端子とコンビになっているもの(数百円高い)もあったのだが、USBのシガーソケット用アダプタは持っているので2つ穴にした。
リレー回路を組んでキースイッチオン連動にしようかと一瞬思ったが、使わないときは防水キャップをかぶせておけば放電しないだろうし、何より面倒なのでこのままバッテリーに直結。配線はタンクを外してフレームに這わそうと思ったのだが、タンクのコックがどこにあるのか見つけられなかった。なので仕方なくタンクを浮かせ、隙間を狙って無理やり通した。
  
ソケット自体はヘッドライトステーに付属の両面テープで貼り付け。念のためタイラップ(インシュロック)を3つつなげて固定した。また防水キャップはネジ穴に差し込んであるだけなので、平らなところに取り付けないとプラプラしてしまう。これだと走行中にキャップがどこかにすっ飛びそうなのでここもタイラップで固定。
  
あんまりスマートじゃないが実用的であれば格好なんてどうでも良いと思う人なのでこれでオッケー。動作確認したらちゃんと充電している。オッケー、オッケー。

問題はステーに固定しちゃったのでヘッドライトの光軸調整がやりにくくなったことか。まあ車検まであと2年弱あるからそのときに考えよう。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)