あけおめ

 あけましておめでとうごじゃりまする…と、職場から打ってたりする。まあヒマな職場がさらにヒマになるのでお得な日だからいいけど。というか新年早々くだらないことで電話かけるなバカ顧客。

 と、いつも通り毒づいたところで、さて各方面にバラ撒いている年賀絵の解説を。今回の絵は下書きから年賀状印刷含めて足掛け2日、所要時間14時間ぐらい。実質の絵描きは10時間+イラレのレイアウト作業が1時間弱というところ。

 今回は全くイメージが思い浮かばなくて一苦労。こういうときには描き込み馬鹿は「描き込み」に限る。ネットで和服の資料を揃え、0.9mmシャーペンでシャシャッとラフスケッチ描いてから下書き。これをフォトショに取り込んで、白黒バランス整えてから、フォトショ用のフリーのフィルター Eliminate White Filter を使って輪郭線を抜き出し、あとは右からひねり込むように描くべし、描くべし。模様とかこれ、ほとんど描いてるんだぜ? バカでしょ?

 描いたものを統合してCMYKに変換してイラレに取り込んでパス作業。アルフォンス・ミュシャっぽくしようとして面倒になってまるで違うものになってしまったが、これはこれでオリジナルっぽくていいんじゃね? と逃避。常にmezzoは計画性がなく行き当たりばったり。時間もないしと、これまた逃避。

 ただ一つの後悔は年賀ハガキにプリントしたら全体がマゼンタに傾いて出力されたこと。イラレの設定でカラーマネジメントを間違えていた。何となく変だなとは思っていたが、急いでいたのでいじる余裕がなかった…まあそれはそれで色が鮮やかになったのでよしとしよう。

 何でも結果オーライ。これは今年になっても変わらない。

「あけおめ」への2件のフィードバック

  1. テクスチャを見て、嫁さんが「画像取り込みでしょ」って言ってたのはナイショだ。

  2. 模様を描いている途中で「画像取り込みでいいんじゃね?」って思ったけど気づかないフリしてますた。

とんg へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)