白だの黒だの

 今晩というか昨夜の晩飯。先日妹が富山から帰ってきたときに「ラーメン食った?」と言われたが、何の事だかわからなかった。どうやら昨夜まで母がどこかに隠していたらしい。だから賞味期限がいつも切れるのだよ、母。

 以前、富山に行った時に食べた富山ブラック。黒のスープを丼にいれて湯で薄めるのだが、いつもこういうのは計らないで適当。真っ黒でどのくらいまで薄めていいかわからない。白いご飯と一緒に食うのが正しい食い方らしいので、これでちょうど良かった模様。母の作った焼豚と先日の残りの賞味期限切れのワンタンも入れて、大変おいしゅうございました。

 母帰宅後に白の方を作ってみたが、白くはなくて薄茶色。白エビ味らしいが塩辛さの方が強くて黒よりは旨くなかった。でもちょうど太麺のラーメン食いたかったので満足満足。ちょっとは元気出てきたかも。

「白だの黒だの」への2件のフィードバック

  1. 日本海側の海鮮はいいですね。
    その代わり地で食わないと本当の味がわからないのが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)