HTC J One HTL22 に機種変

EVO WiMAXと2年ほど使っていた HTC EVO WiMAX ISW11HT のバッテリーがヘタってきて、売りだったはずの WiMAX までつながりが悪くなってきた。会社に着いたらPCで充電し、行き帰りは3Gでガマンしていたのだが、auから買い替えキャンペーンの通知が来たので、いい機会だからと機種変更した。

最近はあまり機能やスペックにこだわりがなくなってしまったので、使い慣れたHTCでいいだろうとほぼ迷いもなくOneに。IGZOもちょっとは気になったのだけれど、日本製のは余計な機能がついているからと思い敬遠した。

この辺を全部OFFでも実際手にしてみると、余計なものが色々ついていた。ワンセグだのおサイフケータイだの赤外線だの。一番頭に来たのはGREEマーケットなる糞アプリ。自宅でつないだ途端にマーケットから更新通知が来てその存在に気づき、換えたばかりなのに床に投げつけたくなった。プリインストールのアプリは消したりできないのでauショップに抗議して消してもらおうかと思った。

息の音が止まったでも色々いじっていたら Android 4.1 はプリインストールのアプリも殺せることに気がついた。[設定]>[アプリケーション]を開き、[すべて]」の中から「GREE」を開き、[通知を表示]のチェックを外し[強制停止]し[無効にする]もタップ。そして[データを消去]したところ、マーケットの更新通知も来なくなりスッキリ。続いて「GREEマーケット」やら「Twitter」「Facebook」「Mixi」「Friends Note」など、その他いらないものは同様に停止。

こんな所にあったこれでスッキリしたかと思ったけれど、半ば強制加入のような「auビデオパス」が残っていた。30日無料とは言うが、課金される前にさっさと解約しておこうとauサポートページヘ。だが、何故かその解約の項目がない。どうやらアプリの設定から入らないとできないらしい。なんだそりゃ。

消してしまったビデオパスをまた改めてauマーケットからインストールし[設定]を開く。そして[見放題プランを解約する]をタップ。「まだ無料視聴分が残ってますが」とか「本当に解約しますか」などとくどいぐらい確認画面が出たが、すべてOKしてやっと解約。その後ビデオパスもアンインストール。無料視聴ですら一度も利用しなかったがスッキリ。

キャリアメールのバックアップ小1時間ぐらいかけてこうしてスマホ内のゴミをほとんど削除。そのあとEVOに入っていたSMS(ショートメール)はJSバックアップでSDカードに保存。キャリアメールは[Eメール設定]>[バックアップ・復元]からこれまたSDカードにバックアップ。「連絡先」にある本体内住所録も同様に[連絡先を管理]>[連絡先のエクスポート]>[SDカードにエクスポート]でVCFファイルを保存。

そのSDカードを外して One に接続。あとは逆をやるだけ。ちなみにキャリアメールのバックアップはSDカード内の[private]>[au]>[email]>[BU]の中。[DR]が下書きメール、[RE]が受信、[SE]が送信メールらしい。あらかじめESファイルエクスプローラーを入れているとファイルがどこにあるか探しやすい。

しかし One は内蔵ストレージが32GBもあって、それがなぜか[sdcard]などと表示されているから、バックアップファイルが見つからなくて焦った。[sdcard2]の方がカードの方なので注意。

なおスクリーンキャプチャは電源+ボリューム▼ボタン同時押しでカシャッと撮れる。内蔵ストレージの方、[sdcard]>[Pictures]>[Screenshots]にPNGファイルで保存される。
たいしたカスタマイズはしない 薄くなった 裏面
なんやかんや半日ぐらいかけてやっと自分の使い勝手のいいスマホになった。だから機種変なんかしたくなかったのに。でもこれでEVOの「本体メモリが不足しています」というエラーに悩まされなくなったし、通信もUIもサクサクだし、快適になった。

しかしソーシャルにもゲームにもビデオ観るにも使わないって、スマホである意味あるんだろうか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)