最強のバックアップ?

 大容量のMOがなくなったため、ヤフオクで1.3GB/10枚組みを4640円送料込みで入手。んで、こないだまでPCに溜め込んでいたスクリプト+掲示板データ2GB近くをバックアップ中。MOは書き込みの速度が遅いので、「残り 244 分」とかとんでもない数字を表示しているが、まあ仕方ない。

 MOというのはフロッピーをブ厚くしたようなディスクで、光学+磁気というCD-Rとフロッピーを組み合わせたようなメディア。書き込み時はディスクの樹脂をレーザーで溶かして軟くし、中にある磁性体のS極N極を反転させて0/1を記録。読み込み時は磁性体のみを読み取るという方式。熱にも磁場にも影響を受けないため、耐用年数は70年とも言われている。私の残り寿命を考えたら「永久保存」と考えてもいいだろう。

 そんな高信頼のメディアだが、世間には普及していない。私がDTPをやってた頃は出版・印刷業界でデフォルトの入稿媒体だったけれど、今やそれもDVD-Rとかに取って変わっているんだろう。何せ個人売買で市場の半値以下で入手したとはいえ、1GB当たり400円強。4.7GBのDVD-Rが200円以下、テラバイトのHDDが1万ちょい(ギガバイト単価十数円!)で買えちゃうんじゃ太刀打ちできない。ていうか1.3GBとか書いてあって1.14GBしか保存できないのもなんだか納得いかないし(ディスクと名のつくものはみんなそうだが)。

 とはいえ私はDVD/HDDともに信用できないのだ。DVD-Rは熱に弱いし、HDDクラッシュは何度も経験がある。シリコンディスクなんかもっての外。だがMOに関しては中に砂が入って多少キズになっても、分解して水で洗い流したら読み込みできたからね。重要性のあるデータだけはどうしてもMOを選択してしまう。

 ただし問題はドライブがン十年後まで生産されているかどうか。もう市場じゃ廃れ始めているしなぁ。ZIPドライブだって廃れてからメディアすら見かけなくなったしね。せっかくデータが残っても、読み込む機械がなければまったく意味がない…

追記:
MOだから遅いのは仕方ないにしても、あまりにも書込みが遅くて終わらないのでこれはおかしいと中断。調べてみたらドライブの書き込みキャッシュが無効になっていた。どうやらUSB接続だとWindowsがホットプラグ(電源投入時でも抜き差し可にする機能)のために勝手に無効にしてしまうらしい。有効にしたら10倍以上早くなって数分で完了。なんじゃこりゃ。

「最強のバックアップ?」への2件のフィードバック

  1. うちには学生時代の汗と努力を詰め込んだMOがありますが、メディアは5インチ、フォーマットはUFSで、果たしてどうしようかと…。w

  2. やや、どうも。
    UFSはともかく、5インチはヤフオクでとりあえず動くドライブを入手して、
    データを退避した方がよろしいかと。
    page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h139869565
    ウチもHFSフォーマット230MB MOのPSDデータを退避させなくては…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)