ぬるぬる

 某氏が「ブログなんか半径5メートル以内の居・食・住のことしか書いていない」と言っていたみたいなので、ではあえて半径5センチの話題を。

 数年使っているワコムのタブレット、intuos 2である。入力エリアA4サイズのi920というヤツ。でも本体のサイズは倍デカイ。小さな机をごまかし使ってるような状態なので、今もこれをパームレストというかアームレストのように下敷きにしてこの文を打っている。てことは、半径0センチの話題か。

 これぐらいの大きさになると髪の毛を1本1本描くという作業もストロークを大きく使えるのでなかなかよろしい。何より感覚的にモニターの大きさに近い。初代 intuos からもう10年もタブレットを使っているので、私にとってはなくてはならないデバイスになっている。

 よくお絵描きさんが筆圧検知やら各種設定をして使いやすいようにしているのを聞くが私はマッピング以外デフォルト。使い始めの頃は細かく設定していたこともあったのだが、時々コイツはドライバが飛んで全く認識しないとか、設定が全部飛ぶとかしてくれる。というかドライバが不安定になるのは私のWindowsのカスタマイズのせいもあると思うけど、その度に設定し直すのが非常に面倒。17インチと19インチのCRTモニターをデュアルにするという変則的な使い方をしているので、マッピングだけは仕方なく設定し直している。

 上からコーヒーをこぼす、猫が上に乗る、火鉢の炭が弾けてちょっと融ける、何よりmezzoのクソ重い腕を乗せられてモノ凄いスピードと筆圧でグリグリされる。非常に劣悪な環境にも関わらず、本体そのものは壊れることがないタフなデバイス。愛してます、マジに。

 でも唯一気に入らないのがグリップ部。ここにはシリコンゴムが巻いてあるのだが、いつもここがヌルヌルしていて萎える。「よっしゃー、描くぞーっ!」と気合入れて手に取っても、そのヌルッとした感触でフトンにくるまって泣きたくなる。mezzoは乾燥肌のクセして頭周辺だけはなぜだか不思議なことに変な脂が分泌されるので、頭皮や顔を触ると手に脂がつく。そして他の乾燥部分にはオロナインH軟膏で潤いを与えているので、これまたその主成分のワセリンでヌルヌル。アルコールのウェットティシューで拭いても取れないので、台所洗剤を使って洗うしかない。で、さっき洗ったのだけれどまたヌルヌルしてきた。ヌルヌルヌルヌルヌルヌル…がーッ!

追記:
 やはり気になって仕方ないので近所のホームセンターにノギス持って捜索したところ、便利なものを発見。サンスター文具製のキラリングリップ。5個入りで78円。ボタン部分をハサミでチャキチャキッと切ってかぶせて完成。適度にやわらかく、全然スベらない。でもラメ入りでキラキラ。キラリン…

 おまけにホームセンターまで3キロ以上あるので半径5メートルの日記にもならなくなってしまった…

「ぬるぬる」への4件のフィードバック

  1. どうなんでしょね>mo氏。ていうかキミは半径ン百kmの人じゃないかい、行動が。

kg へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)