(揚げずに唐揚げ)²

色々と嫌なことがあると食に逃げる私。最近食いすぎの傾向があるので自粛せんとなぁ。で、昨日も会社で嫌なことがあったので唐揚げをヤケ食い。でも焼くタイプ。

女の子が関西弁で小さな妹に「3回な、せーので言うねんけどな」のCMで有名なヒガシマル醤油の「揚げずにからあげ」。焼いて唐揚げ作るなんてどないやねん? と、アブラー(脂をこよなく愛する人)とカラアゲリスト(定食・弁当は必ず唐揚げな人)を自負する私も以前から気になっていた。今回いい機会なので100g78円の鶏もも肉を買って作ってみた。

肉を一口大に切ってビニール袋に入れて粉をまぶし、5分置いたらフライパンに小さじ2の油を引いてまんべんなく焼く、とあるが、なんとなく不安なので大さじ2の油で「揚げ」てしまった。

で、スーパーで類似品の日本製粉オーマイ「焼くだけからあげ粉」を発見したのでこっちも試してみた。工程は同じ。まぶして焼くだけ。日清製粉の類似品もあったのだが、何となく味の想像がつくのと3種類も焼くのは面倒と思ったので今回はパス。でも昔からある日清製粉のからあげ粉はあれはあれでおいしい。粉っぽさと独特のスパイスの香りが懐かしく、私にとってはたまに食べたくなる味。イシイのハンバーグもそう。何かあの安っぽさがいいんだよね。

2種類「焼いて」食べてみた感想。ヒガシマルのは粉にクリスピーな粒が配合してあり、これが独特のサクサク感を出している。オーマイのはしっとりタイプで、噛むと肉汁がジワッとしてジューシー。味は両方とも薄めなので、コンビニ弁やほか弁に慣れた舌には薄いかな? と思えるかもしれないが、肉のうまみが感じられる加減な上、色々塩分とか気にしなければならないお年頃の私はその方がいい。

じゃあ結果として焼いただけで唐揚げとなり得るか? なんだかんだ鶏から出る脂でカラッとしてるし、揚げ油の処理に困らないからこれは「アリ」だな。500gあったもも肉は使いきって一人で完食したし。でもさすがに食いすぎ、ゲフ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)