充電式掃除機のフィルター交換

2年以上前にバッテリーを自作して修理した充電式掃除機、ツインバードのジェットサイクロンQ(HC- D554)。すぐフィルターが目詰まりするのが難点だが、バッテリー電源の割に吸い込みが強くて長年愛用している。こないだメッシュフィルター(アウターフィルター)が裂けてダメになったのを瞬間接着剤(木材用)で継いで直したのだけれど、今度は布フィルター(インナーフィルター)が経年劣化でダメになった。

この布フィルターは不織布がゴム製の枠に縫い付けてあり、掃除をした後はこれを丸洗いして再生する。しかし何百回と洗ったためにいつ穴が開いてもおかしくないほど生地が薄くなってきた。ツインバードのサイトで補修部品として売っているのは知っていたが、このぐらいだったら自分で直してしまいたい。材料は洗濯機のゴミ取りフィルターの汎用品と裁縫用の絹糸。ジーンズですら手縫いする私なので普通に裁縫針で手縫いしてみる(ミシンは持ってない上に苦手)。

1枚では細かいホコリをこし切れなさそうだったので2枚重ねに。新たに穴を開けるとゴムが弱くなりそうなので元の針穴に通して縫い付ける。元々はミシンを使い裏表2本糸でスキマなく縫い付けられてあった。でも手縫いでは1本糸のためそこからホコリが侵入してフィルターの意味を成さない可能性がある。したがってステッチを返して2周縫い。直径10センチ程度のものとはいえかなり面倒。

ようやく縫い終わってはみ出した部分をハサミで切り落として完了。早速部屋を掃除してフィルターの状態を見てみたが、しっかり細かなホコリもキャッチしているようだ。ああ、スッキリ。これであと2年は戦える。

しかし、あとでツインバードのサイトを確認してみたら、この布フィルターはたったの420円。送料が630円かかるとはいえ、私の手間を考えたら全然安くないか? でもまあこうしてブログのネタになるからいいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)