Norton 2011を2012に更新

以前のノートンの更新を製品版でしてみたという記事に検索エンジンでたどり着く人が多いので補足記事を。店で売られている通常版のパッケージから延長するのは前の記事で説明したが、その前に行う更新について。
  
毎年秋にノートンの次回バージョンが公開され、前バージョンの期限が切れていなければいつでもノートンの更新が可能になる。だが画面に更新の案内は出てこないし、画像の通りちょっとわかりにくいところに隠れている。ネット決済で延長すれば2011→2012への更新の案内が出てくるし、普通に使っているとこんなところわざわざ手動でやることもないだろう。でもパッケージ版で更新したい人はこの手順は必須なので期限切れ前に済ませておこう。

ファイルサイズが大きいので回線速度やサーバーの混み具合でダウンロードに時間はかかるが、更新自体は画面の案内通り、次へ次へとクリックするだけなのでどうってことはない。更新が終われば再起動の案内が出てそれで完了。ただしその後の手順を省くとセキュリティ上よろしくないのでやっておいたほうが安心だ。
  
PCの再起動が終わったら直ちにライブアップデートをかける。最近はウィルスの更新速度がハンパないので更新したてであっても更新ファイルがどどっと溜まっている。場合によってはPC再起動をかけないと有効にならないメジャーアップデートもある。もちろん横着して後で再起動なんて選ばず、アップデートが終わったら今すぐ再起動しよう。

そしてようやく更新が終わっても油断しない。ここでさらに完全スキャンをかけておく。自動でやってくれるクイックスキャンでは拾いきれなかった危険度の低いトラフィッククッキーがポロポロと出てくることも多い。もちろん普段も月イチぐらいは完全スキャンをかけておけば安心。仕事のファイルとか扱う人はきっちりやった方がいい。
  
ただし完全スキャンはPC内のファイル数にもよるけれど数十分~数時間はかかるので、その間ずっと待つのも面倒。なので寝る前にかけといてスキャンの完了時にコンピュータをのところをオフにするにしておく。そうすれば終わったあと電源が切れるのでエコだ。

もちろんこれら更新時は他の作業をしたりネットにつないだりしないこと。あとは期限切れ直前まで待って、延長という小さい文字をクリックしてパッケージ版のキーを入れればまた1年安心。ただし前にも書いたが期限が残っていても新しいキーを入れたらその分はリセットされてその日から1年分しか有効にならないのでご注意を。「今すぐ延長」などと脅し文句の窓が現れても、しばらくはガマンしよう。

さあ、私もそろそろPC3台分使える2012の標準パッケージをポチっておくか。ちなみに↓の2番目の2コニコパックはPC3台分☓2使えるわけじゃなく、PC1台☓2年またはPC2台☓1年なのでご注意を。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)