HTC Evo WiMAXのSDカード交換

家電量販店で16GBのMicro SDカードが1000円台と安かったので買ってきた。切手より小さいサイズでこの倍のものもあるんだから、2GBのHDDで大容量だと思っていたのが遠い昔に。

HTC Evo WiMAXに標準で付いていたSDカードは8GB。今のところ容量に不足はないが余裕もないので交換してみることに。だがまんまコピーしただけでデータは正しく引き継げるのだろうか?

新しいSDカードをアダプターに挿入し、Windows PCのカードリーダーに挿してエクスプローラーで表示。EvoをUSBケーブルでPCに接続し「外部メモリーモード」でSDカードの中身も並べて表示。Evoの中身をまるごとCtrl+Aで選択して新しい方にドラッグしてコピー。コピーし終わったらEvoの中身より数MB少なくなっているのが気になるが、ダメなら元に戻せばいいこと。タスクバーで「安全に取り外し」してEvoの電源落として新しいSDカードと交換してみた。

電源を入れ直したら音楽ウィジェットが音楽ファイルを読み直しているようで表示が遅い。どうやら曲名リストを作り直しているようだ。SDカードに移動してあったアプリも最初アイコンが表示されなかったが、しばらくしたら元通りになって起動も問題なし。ショートメッセージやメール、本体内の住所録も元のままだし、容量も設定画面で確認したら正しく認識されて倍増している。

なーんだ、大丈夫じゃないと思っていたら後日一つだけおかしいところを発見。会社から電話がかかってきたとき、着信音がなぜか音楽ファイルの先頭の曲に勝手に変更されていた。どうやらSDカード内の音源を着信音に設定してあるとこうなってしまうみたい。1曲目がアニソンや電波ソングじゃなく、モーツァルトのディヴェルティメントでよかった。もちろんその後着信音を設定し直して元に戻せたので問題なし。

ただしあくまで私の環境で上手くいっただけで、場合によってはSDカードの相性などでおかしくなることがあるかもしれない。念のため大事なデータはJSバックアップなどのアプリでバックアップを忘れずに。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)