ケトルチップ

 こないだ西友に噂の850円ジーンズを買いに行ったら売り切れだった。中途半端なサイズが3本だけ売れ残ってて次回の入荷も未定らしい。すごいね、価格に踊らされる消費者←ここツッコんで

 せっかく来たのに何も買わないのもアレなので、会社にストックする食品を補充しようかと店内をブラブラ。仕事で24時間外出できなかったりすることがあるので、私の机ン中、レトルトカレーやらチンするご飯とかスパ王とか長期保存の利く食品ばかり入っていたりする。社内の人には「非常用食品庫」と呼ばれている。

 値札見ながらKYすなぁとインスタントラーメンとかカゴに入れてたら、見たこともないポテチが売っていた。ケトルチップ・ライトリーソルト56g/168円。大量の在庫抱えて絶賛売れ残り中。米国製でいい値段なので、売場3往復して買うのを躊躇したが、あとで後悔するより買って後悔しようと購入。

 で、何かもったいない気がして今日まで10日間ほど置いたままにしていたが、今やっと封印を解いた。堅い、堅いねこれ。湖池屋のプレミアムのり塩もそんな感じなのだけれど、断然ケトルの方が荒々しい堅さ。2枚くっついてそのまま固まっちゃったみたいなものもあって、うっかり大量に口に含むと角で粘膜切りそう。国産ものよりちょっと油が多いかなと思うけど、うす塩でイモ自体の味がしっかりしていてなかなか美味しい。ぐぐってみたら「ケトル製法」なる特殊な揚げ方らしく、添加物とかも入れていないこだわりのクラシカル・ポテチとのこと。

 コストパフォーマンス考えると湖池屋の方に軍配が上がっちゃうけど、これはこれでおいしゅうございました。

「ケトルチップ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)