フローリングのへこみ防止

すでに痕が今借りている仮住まいはパッと見キレイなのだが、よく見るとあちこちに傷がある。この辺は安く済ませたかったので「現状貸し」ということで補修なしでそのままにしてもらっている。

とはいえさらにその上から傷つけて良いというわけではない。出来る限り現状維持、欲言えば借りた時よりキレイにして返したい。なので猫が引っ掻きそうな柱にはプラダンとか買ってきて、養生テープで貼って保護している。

しかし、持ち込んだデスクチェアーに座ってゴロゴロ転がす度に、どうやら新たな凹みをつけていることに気づいた。私は体重が重い上、椅子をギシギシさせるクセがあるのでこのままではヤバイ。対策を考えようとググったらウレタン製キャスターなるものがあるらしい。

通常デスクチェアーにつけられているキャスター(車輪)はプラスチック製で、カーペットの上で使うのを前提としているとの事。そのためフローリングでは硬すぎて転がす度に傷や凹みをつけてしまう。これをウレタン製のキャスターに交換するだけでフローリングに優しくなるらしい。

手前が従来品、奥が交換品早速 Amazon でポチッとな。届いたキャスターは見た目も手触りもプラと変わらない。イスはホームセンターで1万円もしない台湾製。大きめのマイナスドライバーで古いのをこじって抜き、新しいのをはめたらピッタリ。どうやらキャスターの軸の規格は一緒らしい。

交換しても代わり映えしないので期待していなかったが、取り付けて見たら転がり方から違う。なんか当たりが柔らかい。ためしに体重をかけてゴロゴロしてみたが、フローリングに全く跡がつかない。やったね。

しかし今までボロボロの畳の上で暮らしていたものだから、こういう凹みとか傷とか簡単につくものとは思わなんだ。つくづく出費が増えるなぁ・・・

「フローリングのへこみ防止」への2件のフィードバック

  1. フローリングにキズ?!(;゜Д゜)))

    まさに激動の2015年乙!( ̄^ ̄)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)