3年半のAVIREX

2016年4月に購入したバイク用のワークブーツ、AVIREX TIGER(アヴィレックス・タイガー)の靴ひも(140cm長)がヤレて来たので、交換ついでに久々お手入れ。

以前は YAMATO の方を履いていたのだが、幅広甲高の私にはちょっと小さ目だったので足に慣らすのが大変で、なおかつ長さがあるので脱着に不便だった。バイクに乗っている時はいいが足首がガッチリ固定されて歩きにくかったし。おまけにジッパーが2回壊れて履けなくなってしまった。でも未だに捨てられずに靴箱の中に放置してある。

こちらは前よりも1サイズ大きくしたのもあるが、若干革も柔らかいのかすぐに足になじんだ。ショートブーツだけど足首は垂直気味に固定されるので、アメリカンやネイキッドならいいけど、SSはたぶん無理。最初は厚底過ぎるのでしばらくはシフトミスばかりしていた覚えがある(バイクのペダル調整して解決した)。あとクソ重いし、やっぱり歩きにくい。まあバイクブーツはコケた時に、足首の複雑骨折を「気持ち」防ぐための保険のようなものだから仕方ない。

いま Amazon のレビューを見たら「3年持たない」と書いてあった。私のは当たりだったのか、たまにバイクに乗るときしか履かないからか、3年半以上経ってもジッパーを隠すベロのマジックテープがボロくなった以外は不具合なく履けている。むしろいい感じにヤレてきた。

何度も雨に打たれたり、立ちゴケして傷ついたりはしているが、たまにこうしてミンクオイルを擦り込んで手入れしてやると艶が戻って愛着がわく。何よりカッコイイ(これ重要)。

多分「キング・オブ・ハーレー」だったと思うが、チャーリー・シーン演じる捜査官が、ハーレーを駆る犯罪集団に潜入する映画があった。仲間に入るため初老の整備士とオンボロハーレーを再生。バイクが完成し、いざ潜入という際、整備士がピカピカ刺繍入り革ジャンを持ってきて、「仕上げだ」と言って地面に投げて小便をかけていたシーンがあった。そこまではないにしろ、バイクの服は多少ボロい方が箔がつく気がする。

バイクブーツとしては安物の部類に入る AVIREX。あと何年持つかわからないが、気に入っているのでマジックテープ部分だけは何とかしたいなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)