肉体改造

 今、あるキッカケでダイエットをしている。モテたいとか健康のためとかそういうことではない、もっとつまらん理由だが。

 ちょっと脱線するがよくウォーキングを始めただのビリーのDVD買ったとか、そういうのを「ダイエット」って言うのをマスコミも含めていい加減やめてくれないかな、と思う。ダイエットって「痩せる」ことじゃなくて「食餌療法」だから。体型を引き締めるのはシェイプアップだし、運動はエクササイズだっちゅうねん。まあカタカナ語にした時点で英語でもなんでもないけど。

 てなわけで現在、食事の量がたぶんピーク時の1/10ぐらい。要はほとんど断食に近い。別にラマダンで断食してるわけじゃない。炭水化物はほとんど摂っていないだけ。清涼飲料水とか飲んでるし、チーズとか魚肉ソーセージとかは食う。水分はこまめに摂るし、あと野菜ジュースや豆乳とかも飲むようにしている。

 食わないと後でリバウンドとか体調崩すとか、そんなん知っているし経験しているからいちいち指摘しなくて結構。健康的に痩せようなんて考えているわけではなく、意地でも料理は食わないという方針なので。そう、母とケンカしているので母の作った/買ったものは食わないというのが理由なのだから。

 そんなこんなで10日くらい経つが、ピーク時から7キロ体重が減り、体脂肪が10%近く下がった。なのに周囲からまるで気づかれていない。まあいいさ、別に痩せるのが目的ではないのだから。

 とにかく今は痩せることより左腕をもっと柔軟にしたい。ヴァイオリンの内側からグリッと手首を回せるようにしたい。今日もヴァイオリンの先生に「もっとこっちへ」と言われて手首を5mm曲げたらビキッとなったし。だから今日も風呂に入って脂汗垂らしながら必死に柔軟運動。痛みに耐え、硬い筋肉を壊してもっと柔軟な筋肉を作るのだ。ああ、発育途上の子供がうらやましい…

「肉体改造」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)