鬼軍曹

 起きたら雪。今日は妹の引越しの荷造りの手伝い。バイクしか足がないので、この中を20分走らないといけない。行くのをやめようと思ったけど、何かイヤな予感がしたのでイヤイヤ妹の下宿へ。
 手足がグチャグチャの冷え冷えの状態で到着。玄関開けたら案の定、何も片付いていない。目に付いたものだけをとりあえず箱に詰めました、って感じ。玄関には靴が十数足も散らばったままだし、服もソファーに投げたまま。今日リサイクルショップに持って行ってもらう物も、コンセントやアースが刺さったままだ。むきー。

私「一体キサマは今まで何をしていたのだッ!」
妹「だってー」
私「言い訳は要らん。最優先事項はまず家電!」
妹「ほーい」
私「つーか、プロバイダの移転手続きはしたのか?」
妹「まだー」
私「そんなことは数週間前にやっとけー!」
妹「だってー」

 こんなヤツだが職場ではキャリアウーマンで通っているらしい。だが下宿はとてつもなく汚い。発泡酒やら食い物のゴミ、いつのものだかわからない飲みかけの缶コーヒーが未だ棚に置いたままなのが、わが妹ながら憎らしい。冷蔵庫を出したらスパゲティと稲庭うどん、飲みかけのペットボトルも出てきた。むっきー。
 妹にはプロバイダの連絡と移転先のネット申し込みをさせ、こちらは家電の清掃。あと2時間で人が来るので超スピードで洗剤やタワシを使ってゴシゴシ。何で白物家電だからって白いのを買うんだ。ていうか工具は? 何? ドライバーを持ってない? どういうことだ? くそー!
 作業をしつつ、妹の動きを監視。ダメだコイツ。あと2週間あっても間に合わない。荷物は明日運ぶんだぞ?

私「テメェ沈めるゾ! ゴルァ!」
妹「ひえー」

 仕方ないので鬼軍曹のように罵声を浴びせつつ指示を飛ばす。角の家具の中身を出して片付けろ。そしたら角から荷造りの終わったものを積んでいけ。動線を確保しろ。何でもいいから端から箱に詰めろ。ゴミはすべて外に出せ。そんな詰め方じゃダメだ。壊れ物は新聞を丸めて保護しろ…等々。

 休憩を挟みつつ、2時間弱ほどで部屋の中がすっかり様変わり。ようやく引越しらしい風景になった。リサイクルショップの人が到着し、15年モノの洗濯機を除いて不要なものは引き取ってもらえた。捨てるのにも金がかかる時勢。恐らく捨てたら1万ぐらいかかるものが逆に1500円もらってスッキリ消えた。これで一安心。

 パート帰りの母も合流し、クルマでゴミを2往復してようやくメドが立った。何か奥の方からとてつもない量の書類が出てきたが、私は見なかったことにして帰宅。

 で今、夜勤中なのだが腰がイタイ。おまけに明日の深夜、妹の新居へ向け片道400キロのドライブ…

・・・・・・・・ぶつぶつぶつぶつぶつぶつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)