ヴィオラ再開と小技

アルティノ夏の発表会に向けて曲を決めようと四苦八苦。昔から好きだった合唱曲を急に思い出し、譜面を探したらヤマハのぷりんと楽譜で見つけた。会員登録しなくてもぷりんと楽譜で検索して、欲しい楽譜の商品番号をメモ。セブンイレブンのコピー機にその8ケタの英数字打ち込んでコインを入れればその場でガーッとプリントできる。すごい世の中になったものだ。

ただしこちらは四重奏の譜面だったため、独奏でなく合奏でやることになり、自動的に私はヴィオラ担当に。で、久々にヴィオラの練習を始めようと思い、夜でも心置きなく練習できる必殺ミュート、アルティノをくっつけて弾き始めたらぞぞぞ~ッと凄い音がする。ヴァイオリンにつけていた時には鳴らなかったのだが、ヴィオラだと鳴る。C線を鳴らすとビリビリ何かが鳴っている。うへえ。

共鳴しているところはどこだ? と楽器に原因を探したのだが見当たらない。だからといって単純な構造のミュートに原因があると思えない。ぐぬぬ。音量は落ちるのだからとガマンして弾いてみたが、ガマンできる音色ではない。ぞぞぞ~ッと背筋に来る。イヤン。

再度よ~くアルティノを観察するとプラスネジがついている。もしやと思いドライバーで回してみたらクルクル回る。なんじゃこりゃ、と裏に精密ドライバー突っ込んでナットを押さえながら締め直したら、ピタリと不快な音が止んだ。多分ヴィオラの振動が凄いから緩んだんだな。というか何のネジなのこれ? わからないが、解決したからヨシ。

滑り止めマットこのようにエンドピンに引っ掛けるで、以前紹介した滑り止めマットをちょこっとバージョンアップ。いつも演奏中にポロッと落ちてしまうので、エンドピンに引っ掛けられるように穴を開け、はみ出してカッコ悪い部分をラウンドカット。実にスマート。

この車用品の滑り止めマット、私がヴァイオリンの先生に教えてからすごく好評。教室内で需要が大量発生している。私が使い始める以前に使っている人を見たことがないし、ネットで紹介したのも私が初めての気がする。自分でも言うのも何だが非常に画期的な発案だと思う。

だがこないだテレビでドキュメンタリーを見ていたら、東京芸大のヴァイオリン専攻の女子大生がこのマットを使っていた。まさかこの辺境のブログを見てはいないと思うけれど、いやまさかねぇ・・・

くそう、もし私が発案者だったら特許取っておくべきだった!(取れません)

ちなみに100円ショップや台所用品などに同様の効果のある、花柄の滑り止めマットもあるので女性にはこちらもオススメ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)