うまいものが食べたい

昨日はレッスンのあと大宮で献血して早めの夕食。やよい軒の「しょうが焼定食」は「豚の」しょうが焼き定食ではないので肉少なめでもやしが多い。でも野菜炒めとは違うし皿に盛ってあるマヨネーズを絡めて食べると旨い。ごはんがおかわり自由なので、いつも締めの3杯目は皿の脂ぎった汁をごはんにぶっ掛けて食べる。

現在母とケンカ中である。数日前の朝、会社から帰宅したときに家に入った途端ソーゼツに煙くて「こんな煙いところでメシが食えるかッ」と怒鳴って以来食卓についていない。「鍋を焦がしたから」と弁明していたが、料理の焦げた臭いとタバコの臭いを区別つけられないほど鈍感じゃないぞ私は。禁煙に失敗して以来、最近吸殻の不始末が多かったり食器を洗うボウルで火を消したり姪の前で吸うなどとタバコのマナーが悪くなってきた母。改善されるまで口も利かない方針。自分でもたまに吸うし嫌煙家ではないが、マナーが悪いのは許せんので。

そんなわけで家で食事をほとんどしていない。基本、腹に溜まればなんでもいいmezzoである。腹が減ったらカンパンをかじっているぐらいだし。でもどうせ食べるのなら旨いものを食べたい。とはいえ懐具合が寂しいのでそうそうグルメに走るわけにも行かない。ペヤングはそんなときの欲望を手軽に満たしてくれるステキな食べ物。

しかしまるか食品のペヤングソース焼きそば以外のカップ麺はハズレばかり。こないだ珍しくワンタンが特売していたので買って食ってみたがスナック菓子のようだったし。時々出る変わりダネの焼きそばもレギュラー製品を超えられないばかりかガッカリ感がハンパない。

その昔、勤めていた会社の社長が「オレはもう何年も生きられないからその間は旨いものしか食いたくねえんだ」と豪語して行きつけの店しか行かない人だった。まずいものを食べるといつもその言葉を思い出す。安かったからと買ってきた外国製のコーンフレークがこれまたガッカリな食感と味だが、これが今日の昼飯の予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)